Updated: 2016-09-30 16:01
八女コースの特徴 「茶のくに八女を感じながら、八女丘陵の古代文化に触れる」 清流星野川の流れを横に山の井公園を出発。 八女古墳群最後の歴史墓である「童男山古墳」、茶どころ八女を代表する「八女中央大茶園」、国指定史跡の「丸山塚古墳」と八女が誇る自然の豊かさと茶のくに八女を感じながら、八女丘陵からの風光明媚な眺望を楽しむことが出来ます。 ・コースについて 難易度:初級 距離:9.2...
Updated: 2016-09-23 14:13
九州りんご村は馬見山中腹の斜面約22ヘクタールを利用し、地元の農家が梨、りんごを栽培。市場には出荷せず、行楽客のために育てたフルーツの数々は、品種も豊富で味も評判だ。ナシは新水(しんすい)・幸水(こうすい)など6種、リンゴは津軽(つがる)・赤城(あかぎ)など6種。また、9月下旬〜11月下旬にかけて、柿狩りを楽しむこともできる筑豊自慢の観光農園だ。   出典:www.cross...
Updated: 2016-09-06 11:36
豊後高田市「昭和の町」は、昭和30年代当時の活気と賑わいある商店街を再生させ、温かくも懐かしい雰囲気に浸ることのできる街です。 それぞれの店では、店の歴史を物語る“一店一宝”の展示や、店に代々伝わる“一店一品”の販売を行っており、レトロな看板や建物が並ぶ町並みを散策すれば、まるで昭和時代にタイムスリップしたようです。 また、「昭和の町」ボンネットバスは土日祝日を中心に昭和の町周遊コースを無料で...
Updated: 2016-08-17 13:19
オルレとは韓国済州島から始まったもので、済州の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味で、トレッキングコースの総称として呼ばれるようになりなりました。 九州オルレは、済州オルレの姉妹版。九州には四季の美しい風景があり、トレッキングに適した山岳を五感で感じ九州の魅力を再発見してもらいたい思いで、コースが整備されました。 大分県には「別府コース」「奥豊後コース」「九重・やまなみコース」の3コ...
Updated: 2016-08-10 09:47
阿蘇山の噴火で流れ出した溶岩を五ヶ瀬川が浸食してできた美しい高千穂峡や、天孫降臨や天岩戸などの神話をいまに伝える神社や、夜神楽など魅力をもった町です。 高千穂峡を漫喫するならばボートがおすすめです。 高千穂峡でのボートは高千穂町観光協会が運営しており、手漕ぎボートでゆったりと楽しむことができます。   Photo: Norio NAKAYAMA
Updated: 2016-08-03 17:54
1992年7月24日、それは球磨川に『ラフティング』というアドベンチャースポーツが始まった、記念すべき日です。 初年度は数えるくらいだったラフティングのお客様が現在では全体で2万人を超える、人吉球磨の一つの観光産業にまで成長しました。   出典:www.landearth.co.jp
Updated: 2016-08-02 14:35
島原半島の最南端、有明海の入口に面した港町「口之津」は、対岸の熊本県天草市五和町との距離はわずか5km。 この早崎瀬戸に野生のバンドウイルカが生息しており、約300頭ぐらいの群れをなし、エサを求めて回遊しています。 このイルカの群れが海面を泳ぐ様子やジャンプ等を観ることができます。 所要時間は1時間前後で、年間を通して観賞できます。 また早崎瀬戸では大潮時に発生する「うず潮」も観賞でき、そ...
Updated: 2016-08-02 14:11
呼子港から出航する「イカ丸」は、まちの東端にある岬「七ツ釜」を目指す遊覧船。こちらは海上の景観美を堪能する約40分のクルーズです。七ツ釜は、荒波の侵食により何万年もの時を経て形づくられた、断崖絶壁の絶景。石柱を幾重にも並べた芸術作品のようであり、洞窟が神秘性を添えています。醍醐味は、その洞窟に入る瞬間です。ほの暗い空洞へゆっくりと進んでいき、目の前に迫ってくる岩肌に興奮は最高潮。...
Updated: 2016-08-02 13:49
夜間出発のクルージングプラン。たった1時間で、キャナルシティ・博多ベイサイド・ヤフオクドーム・福岡タワーなど、博多のランドマークを見られます!効率よく博多を観光したい方にピッタリのプラン。ライトアップされた博多の町は、ムード満点の雰囲気。カップルのデートにもオススメです。   出典: www.hana-tenjin.jp
Updated: 2016-08-02 13:13
  1. あまおう
  TVでも紹介されたこともあるプーさんのいちご農園、九州最大級の多段式高設栽培のいちご園です。多段式高設栽培法は、地上から上段が110㎝、下段が70㎝の高さで栽培する方法。そのことにより、作業の効率化、いちごの高品質化、高収穫量の実現ができる。また、立ったままいちごを取ることが出来るので、手や服が汚れなくてすみ子供から大人まで楽しむことが出来る。

ページ