男雛
  • 男雛
  • 女雛
  • 花雛
  • 菱餅
  • 佐賀錦

 

3月3日は雛祭りです。女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。2月21日から3月22日までは佐賀城下雛祭りです。会場は徴古館と佐賀市歴史民俗館で、大きく分けています。佐賀市歴史民俗館には、旧古賀家とか、旧古賀銀行とか、旧牛島家など、様々な展示場があります。 「雛人形」は、宮中の殿上人の装束(平安装束)を模している。「女雛」の髪型は主に「大垂髪(おすべらかし)」と「古典下げ髪(こてんさげがみ)」がある。雛人形の種類はいくつもあります。全部で約15種類がありますが、値段がとても高いので、一般的な家庭は内裏雛(だいりびな)あるいは親王(男雛、女雛)だけ買って、家で飾ってあります。他にも三人官女(さんにんかんじょ)、五人囃子(ごにんばやし)、随身(ずいしん通称右大臣と左大臣)、衛士(えじ)があります。雛祭りに食べられる食品は菱餅、雛あられ、鯛や蛤の料理(吸い物等)、ちらし寿司があります。

 

-----------------------------------------

その他の最新イベント情報はこちら

-----------------------------------------

 

男雛
女雛
花雛
菱餅
佐賀錦
男雛と女雛は雛祭りの中心である。メーカーによって、色々なスタイルがあります。雛人形の服は、佐賀錦で作られています。 人形だけではなく、花で雛を表すこともあります。 菱餅も色々な形があって、美味しそうに見えます。見ているだけで食べたくなって来た。 佐賀錦は佐賀の伝統工芸です。
早岐駅(佐世保駅)
車、タクシー
1時間30分
佐賀市中心部
バスでも利用できます。 徴古館:佐賀駅バスセンターから佐嘉神社方面行きバスで約10分。「佐嘉神社前」 降りてください。 佐賀市歴史民俗館:佐賀駅バスセンターから佐賀大学.西与賀(東与賀)方面行きバスで約5分。「吳服元町」降りてください。
料金: 

当日券 共通劵 600円 徵古館劵 300円 佐賀巿歷史民俗館劵 400円 小学生以下、入場無料

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人