織田信長も舞ったといわれる「幸若舞」は、室町時代に流行した語りを伴う曲舞(くせまい)のひとつで、越前の桃井直信(幼名・幸若丸)によって始められたと伝えられている。能や歌舞伎の原型といわれ、日本最古の舞楽として700年の伝統を持つ。明治維新後、各地の幸若舞は衰退したが大江でのみその伝統が守られ、現在では重要無形民俗文化財に指定されている。毎年1月20日に大江天満宮内の舞堂にて奉納されており、舞を見るため日本各地から観光客が訪れる。

 

出典:www.crossroadfukuoka.jp

開催期間: 

2018年01月20日

駐車場情報(有無と料金): 

有り

その他: 

JR鹿児島本線瀬高駅から車で約5分
九州自動車道みやま柳川I.C.から車で約5分

福岡県みやま市瀬高町大江
835-0019

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人