Updated: 2015-05-26 18:23
創業1873年の老舗のうなぎ屋さん。肉厚でふっくら。甘めのたれ。
Non halal
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. 肉巻きおにぎり
おにぎりを、秘伝のタレで味付けをした豚肉で巻き、香ばしく焼き上げた、宮崎発祥の新感覚おにぎり。 一見、焼いたお肉を巻いただけのおにぎりに見えますが、食べてみると、秘伝のタレに漬け込まれた豚肉とおにぎり、そして薬味が絶妙なバランスを醸し出し、美味しさが口いっぱいに広がります。 様々なトッピングもあり、子供から大人まで幅広く愛されている宮崎の新しい「うまいもの」です。 「提供:宮崎市観光協会」
Updated: 2015-05-26 14:01
「函館で食べたいものは?」と聞いてみると、圧倒的に多い答えが「海鮮丼!」。函館に来たら、あふれんばかりに新鮮なネタののった海鮮丼を一度は食べてみたいというのが、みんなの夢(!?)ですよね。 写真は、イクラ、カニ、エビ、ホタテ、数の子など、7種類のネタをのせた大盤振る舞いの海鮮丼。昭和23年から函館朝市で店を開いている「恵比寿屋食堂」の人気メニュー、「どんぶり横丁記念丼」。です。自慢のネタを色とりど...
Updated: 2015-05-26 14:01
塩を入れた小麦粉を練り上げ薄く延ばしただんごを、食材のたくさん入った味噌仕立ての汁に入れて食べる料理。
Updated: 2015-05-26 14:01
福岡市近辺の郷土料理。 「もつ」とは、牛または豚の小腸や大腸などの内臓のこと。 もつ鍋は、「もつ」にキャベツやニラ等の野菜と、トウガラシを入れ、味噌や醤油で味付けをした鍋料理である。 締めとして、もつ・野菜を食べた後の残った汁にちゃんぽんの麺やご飯を入れて食べると満腹になる。 福岡に来たら必ず食べてほしいご当地グルメです。
Updated: 2015-05-26 14:01
からすみは中国から伝来当時より鰆(サワラ)の卵でつくられていましたが、長崎半島の先端部に位置する野母崎地方でよく捕れる鯔(ボラ)の卵で製造することが長崎の名産品になった由来と伝えられています。 日本三大珍味とも呼ばれ、名前に由来はその形状が中国製の墨すなわち唐墨に似ていることから付けられたというのが定説になっています。 今も昔も贈答品としてご愛顧いただいているからすみですが、最近ではパ...
Updated: 2015-05-26 14:01
屋台は、簡易な移動式の浸食店である。福岡市内の長浜~天神~中洲~博多近辺には、夜になると複数の屋台の店が現れる。 博多の夜の名物であり、市民から観光客でいつもいっぱいである。 お店にもよるが、おでん屋、焼き鳥、ラーメン、天ぷら、餃子等がメニューに多い。 焼き鳥、おでんをおつまみにお酒をのみ、最後にラーメンや焼きラーメンで締める。 店主やとなりに座ったお客さんとの距離が近いため、会話が弾むこともあり...
Updated: 2015-05-26 14:01
茹でたレンコンに、味噌と粉辛子と蜂蜜を混ぜた辛子味噌を隙間なく詰め込み、衣を付けて油で揚げた、熊本の代表的な郷土料理です。病弱だった細川忠利に禅僧・玄沢和尚が栄養価が高い蓮根を食べるようにと、献上したのが始まりといわれています。 さらに輪切りにした切り口が細川家の家紋「九曜紋」に似ていることから、門外不出の味となりました。鼻にツンとくる辛子の香りと、レンコンの食感が何とも言えない美味しさです。「熊...
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. レタス巻
宮崎県発祥のこの料理は、基本型は巻き寿司で、中の具がレタスとエビとマヨネーズ。三位一体となったこれらの具が、えも言われぬ味を醸し出します。レタスとエビのシャキシャキ感とプリプリ感が美味しさを引き立てます。エビがカニカマボコやシーチキンになるものもある。和洋折衷の組合わせが絶妙の料理です。今や全国で幅広い層に人気のある味ですが、ぜひ本場で味わってください。 「提供:宮崎市観光協会」
Updated: 2015-05-26 14:01
自然が豊かで気候も穏やかな鹿児島県は、日本でも有数の畜産県です。なかでも豚、和牛の飼養頭数は、全国一。特に鹿児島の黒豚は、他の豚肉と比べて脂肪分の溶ける温度が高く、肉の線維も細かいので、「柔らかくて、歯切れがよく、旨味が凝縮されている」と評判です。そんな鹿児島産黒豚を堪能したいなら、何といってもしゃぶしゃぶが一番。定番のとんかつや角煮はもちろん、豚骨スープと黒豚チャーシューが自慢の鹿児島ラーメンも...

ページ