Updated: 2016-11-18 16:17
  佐賀市のご当地グルメ。昭和50年頃、佐賀市中心街にある喫茶店で誕生したといわれています。1枚のプレート皿に温かいライスを敷き、その上に炒めたお肉と生野菜を盛り合わせ、マヨネーズをかけたものが基本形です。   「あそぼーさがより」  
Updated: 2016-11-02 11:47
  1. 全部で2000客のコーヒーカップ
お店の中に入ると壁際にびつしりとコーヒカップが飾られて、まずびっくりします。 ここでは有田焼の陶器に盛られた食事が楽しめます。 「有田焼カレー」や「黒蜜きな粉」がとても人気です。 食事の後は好きなコーヒーカップで、ゆっくりした時間をコーヒーを飲みながら過ごすことが出来ます。
Non halal
Updated: 2016-10-28 14:53
煎茶の祖「売茶翁」(佐賀市出身1675-1763)の真筆や、漢詩集に伊藤若冲が画いた肖像画など情報満載館です。特にひな祭り期間中は佐賀のお茶の体験も満載です。嬉野茶・有田焼・佐賀銘菓で本格煎茶が体験できたり、茶臼で抹茶挽体験など茶文化が楽しめます。百数十年前のお雛様もお出迎え。     出典:佐賀市観光協会
Non halal
Updated: 2016-10-06 15:41
  昭和初期に一度絶滅した幻の鶏を、研究を重ねて半世紀振りに蘇らせたのが天草大王です。 国内最大級と言われる大きさで、その肉は通常の鶏よりも「もも」の割合が多く、赤身の美味しさ、弾力ある歯ごたえ、コクのある味わいが魅力です。近年、流通量も増え、新たな熊本の名物となりつつあります。「熊本県観光サイト なごみ紀行」より
Updated: 2016-09-15 12:45
  唐津市の名勝「虹の松原」にある、長年営業をされている名物ハンバーガー屋さん。 マイクロバスを改造して、車体に「からつハンバーガーとコーヒーの店」と大きく書いてあり、すぐにわかります。 スパイシーとジュシーな味で、子供にも勿論大人も大人気のバーガーです。
Non halal
Updated: 2016-09-09 16:51
  熊本小国町役場の目の前にある、古い趣のある建物で創業130年ほどのうなぎのお店です。 蒸さない焦がしタイプのうなぎで、香ばしく、たれの風味もよくとても美味しいです。 お店の近くには、川が流れており静かな雰囲気でうなぎが頂けます。
Non halal
Updated: 2016-09-09 11:58
   「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。 寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。 「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。
Non halal
Updated: 2016-08-09 17:52
鹿児島の暑い夏に欠かせないスイーツといえば、色とりどりのフルーツをトッピングしたかき氷「白熊」。その名の由来は、氷にかけていた練乳の缶に白熊印のラベルが貼ってあったからだとか。特産の紅いもを使ったソフトクリームやジュースも夏には人気があります。 また、すりおろしたヤマイモに米粉や砂糖を練り合わせて蒸した「かるかん」や名産のサツマイモを使ったスイートポテトなど、昔から親しまれている素朴な味の銘菓もお...
Updated: 2016-08-08 14:38
  広島の名物料理と言えば、「広島お好み焼」です。 小麦粉を溶いたものに、野菜や豚肉を乗せたり、混ぜたりして焼く料理は他にも「関西のお好み焼」や「もんじゃ焼(東京)」などがありますが、広島お好み焼は広島だけの独特の製法で作ります。 まず、大きな鉄板の上で小麦粉を溶いた生地を薄く円形状に伸ばして焼き、その上にキャベツ、もやし、ねぎなどの野菜をたっぷりと乗せて蒸し焼きにします。その上に...
Updated: 2016-08-03 16:44
  1. 冷や汁
焼いたあじ、イワシなどの近海魚をほぐし、焼き味噌をのばした汁に、豆腐、きゅうり、青じそなどの薬味を入れてアツアツのご飯にかけて食べる夏の名物料理です。 「提供:宮崎市観光協会」   (Photo credit yoppy, hirotomo t)  

ページ