Updated: 2019-04-15 15:41
倉敷美観地区にある赤煉瓦のホテルなどの複合施設です。 明治時代に建設された倉敷紡績の工場を1973年にリノベーションして観光利用にしたもので、赤煉瓦がきれいです。
Updated: 2019-04-15 11:49
瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地で、国指定名勝にも指定されている「鷲羽山」の山頂付近にある展望台。のどかな瀬戸内の島々と雄大な瀬戸大橋、そして対岸の四国までも見渡すことができる人気のビュースポットです。 特に夕景の美しさは格別で、「日本の夕陽百選」に選定されています。
Updated: 2019-04-10 14:21
山頂からは小豆島をはじめ、瀬戸内海に浮かぶ島々が望め、ロケーションは最高。オリーブショップではオリーブ製品のおみやげ物が充実。カフェも併設。 園内には360度見渡せる展望台のほか、願いを込めて3回鳴らすと願いが叶うといわれる幸福の鐘などもある。   オリ-ブ園散策:http://nippon-olive.info/mall/bangkok/...
Updated: 2018-01-29 16:59
夢二郷土美術館本館は、岡山の名所、後楽園近くに1984年(昭和59)宵待草の詩で知られる「竹久夢二」生誕100年を記念して開館しました。一部は白壁になまこ壁、一部は赤レンガ造り、三角の屋根の上には風見鶏がたつ和洋の調和が魅力的な本館の建物は、夢二が活躍した大正時代の風情を伝えています。2007年、本館はミシュランのガイドブックで一ツ星にランクされました。
Updated: 2018-01-29 15:15
誰からも愛された燃える男「星野仙一」 星野仙一氏の突然の悲報に、故郷の岡山・倉敷市でも悲しみが広がった。その記念館が倉敷市の美観地区の近くにあります。 主な展示品として、母から初めて買ってもらったグローブ、 倉敷商業高等学校時代、明治大学時代のユニフォームやトロフィーなどの思い出の品々。 2013年 東北楽天ゴールデンイーグルス、パリーグ優勝胴上げユニフォーム及び日本一胴上げのユニフ...
Updated: 2017-10-25 11:29
倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家大原孫三郎が、前年死去した画家児島虎次郎を記念して昭和5年に設立した、日本最初の西洋美術中心の私立美術館。敷地内に本館、分館、工芸・東洋館の3つの建物がある。ギリシャ神殿風の本館は昭和5年開館当時の姿のまま、主に西洋の近現代美術を展示。 作品には、エル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」他、セザンヌ、モネ、ルノワール等々の西洋美術、また、日本...
Updated: 2016-07-26 09:32
  江戸時代に庶民の生活の中で生まれ育ち,時代を映した庶民芸術の代表であり世界に誇れるもののひとつでもある招き猫を収集・展示しています。  懐かしい蔵のような暖かさ、そして迷宮に迷い込んだかのような雰囲気の漂う中で、様々な表情を持った約700体の招き猫を鑑賞できます。 「おかやま旅ネツト」より   (Photo by 岡山観光連盟スタッフ...
Updated: 2016-07-15 17:10
  金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並んで、日本三大名園の一つである岡山後楽園は、約300年前に岡山藩4代藩主池田綱政が作らせた大名庭園です。広い庭園内は、歩きながら移り変わる景色を眺めながら十分散策出来る庭園です。四季を通して、春は梅と桜、6月は菖蒲、秋には約3000本のモミジがあり、紅一色に染まる紅葉の名所としても有名です。
Updated: 2016-07-15 16:32
倉敷川の一帯に白壁、なまこ壁の屋敷や蔵が立ち並び、江戸時代には米の積出港として栄えたところです。この地区を美観地区として整備され、川岸には柳の木が植えられ風情を残しています。その為、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。 近くには、日本最初の西洋美術館「大原美術館」や「倉敷アイビースクエア」等の建物があります。
Updated: 2016-07-15 10:32
慶長2年(1597)、豊臣家五大老の一人・宇喜多秀家が築城した岡山城。 三層六階の堂々たる天守閣は織田信長の安土城天主閣を模して築かれたと伝えられ、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台をしています。 黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれています。

ページ