Updated: 2017-07-13 08:24
玖珠町の北に位置する清水瀑園は、別名「うつばしの滝」と呼ばれ、森の中の斜面から自然に湧きだす湧水が渓流となり、大きな滝はないものの渓流沿いに設けられた遊歩道から点在した滝を眺めることができます。名水としても知られており、豊の国名水15選にも選ばれています。   出典:www.visit-oita.jp
Updated: 2017-07-12 10:23
1972年に閉山した金山の坑道を利用して作られた「鯛生金山(たいおきんざん)地底博物館」は、入口から800mほどの距離を見学できる地底博物館です。 館内では坑道の模型をそのまま残し、採掘の様子を人形や模型でリアルに再現しています。金山として有名な佐渡を抜き、42トンの採掘量を誇る東洋一の量で知られています。砂金採り体験など人気のコーナーを設け、週末には多くの人が訪れる観光地です。 道の駅 鯛生...
Updated: 2017-04-11 15:34
"ホタルといで湯の里"とも呼ばれている、町田川の河畔に位置する、宿泊施設10数カ所の小ぢんまりとした温泉街で大分県九重町の静かな古い歴史のある九重九湯の一つの温泉地。 空也上人が開いたといわれる温泉で、伝承では大杉の根元から湯が湧き出たとある。宝泉寺という地名の由来は、そのいで湯に空也上人を祀る寺院、宝泉寺を建立したことに因む。 また共同浴場にある石櫃をそのまま湯船とした薬師湯・岩露天...
Updated: 2017-04-04 13:54
玖珠町の南に位置する「万年山(はねやま)」は、玖珠町の耶馬日田英彦山国定公園内にある標高1,140.3mの山です。 玖珠盆地の南にあり、全国的にも珍しい上下二段からなる“二重メサ”で知られています。上バネと呼ばれる山頂は東西に5km、南北に1kmの前バネからなり、下部卓面は、前期更新世末の下万年山溶岩からなります。上下2段の卓上台地をもつ日本で第1級の“メサ”地形で、「日本の地質100選」にも選...
Updated: 2017-02-13 14:12
  奥嶽川に架かる2本の石橋で、アーチ式石橋として日本一の径間誇る「轟橋」のすぐ下に、同じく2位の「出会橋」が並ぶ。壁を覆う緑や、秋の紅葉の彩りも美しい。   出典:www.visit-oita.jp 写真(c)http://www.bungo-ohno.com/  
Updated: 2017-01-06 15:12
長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園くじゅう山群が望める絶好の場所に位置し、くじゅうの自然などの様子を、わかりやすく展示をしている施設です。 当センターの裏手には、ラムサール条約登録湿地のタデ原湿原が広がり、木道が設置されています。四季折々の自然を肌で感じながら、木道を散策することができます。
Updated: 2017-01-06 14:30
雄大な久住連山と壮大な景色が広がる久住高原は、酪農が盛んな所です。 数多くの牧場が点在し、このガンジー牧場は日本では珍しいイギリス・ガンジー島原産の「ガンジー牛」を育てている牧場です。 酪農工場や、売店、ふれあい牧場、ポニーの乗馬体験等「見て、学んで、遊ぶ」ことの出来る牧場です。 ガンジー牛100パーセントの乳製品が楽しめます。特に、ソフトクリ-ムは大人気です。
Updated: 2016-11-30 18:11
  3つのゾーンからなる日田森のビール園。 テラスからは日田市街を一望しながら、「工場できたて」の黒ラベル、ヱビスビールなどを満喫できます。 サッポロビール発祥の地・北海道の味覚のほか、日田の名水でつくった名物豆腐などもご堪能ください。
Updated: 2016-11-29 14:53
由布院から車で15分ほど下ったところにある湯平(ゆのひら)温泉郷。 江戸時代から続く石畳が、川の音と共に情緒を誘う「古き良き湯治場」の風情を残した温泉です。    
Updated: 2016-11-29 14:50
  大洞窟温泉 旅館志美津が運営するカフェです。 注文ごとに豆を挽いて出してくれるコーヒーが人気です。
Non halal

ページ