Updated: 2015-05-26 14:06
伊予国風土記に「速見の湯」として記されているが本格的脚光は江戸時代である。明治に入ると別府湾の築港、日豊本線や別大電車の開通、又、掘削技術の導入等で泉源数、温泉施設・温泉宿とも増加した。さらに大正・昭和と温泉施設も充実、次第に市街地が拡大されて別府八湯の中心となる。 又、別府温泉のシンボル竹瓦温泉を有し、毎年4月に行われる温泉まつりは別府市民の総参加の祭りで、この界隈を中心に行われる。
Updated: 2015-05-26 14:01
塩を入れた小麦粉を練り上げ薄く延ばしただんごを、食材のたくさん入った味噌仕立ての汁に入れて食べる料理。
Updated: 2015-05-26 14:01
大分県を代表する郷土料理「とり天」。昭和初期、別府の老舗レストランで一人の料理人が日本人の味覚に合う鳥料理に一つとして開発したのが最初と言われている。それが別府市全域へ、そして今や大分県を代表する郷土料理として愛されている。また、別府市ではとり天発祥の地であることを活かして「別府とり天」として、観光客の方々に別府でとり天を食べていただく、キャンペーンを食観光の柱のひとつとして、推進しています。
Updated: 2015-05-26 14:01
別府市で昔から親しまれている別府冷麺。昭和25年頃、中国東北部(旧満州)から引き揚げてきた料理人が、別府の地で日本人の口に合うようにアレンジしたものが始まりであると言われている。 麺の太さやトッピング具材など各店舗でアレンジされ、冷麺専門店のほか、焼肉店、ラーメン店、食堂など、別府では様々なお店で冷麺を食べることができる。
Updated: 2015-05-26 14:01
温泉の噴気を利用して海、山の幸を蒸し上げて食べる別府独特の料理方法で高温の蒸気で一気に蒸し上げるため食べ物の素材本来の味が引き出され美味しく食べることができる
Updated: 2015-05-15 17:26
これは一つの大分県内ツアーのアイデアです!ぜひ参加してみてください! •寒の地獄温泉※又は長者原ビジターセンター周辺散策 •ガンジーファーム •レゾネイトクラブくじゅう(昼食/バイキング) •原尻の滝 •稲積水中鍾乳洞
3
Average: 3 (2 votes)
Updated: 2015-05-15 17:25
  1. すっごい霧!仙境だ。
金鱗湖、面積は0.8ヘクタール、周囲約400メートル、水深は約2メートル。 1884年(明治17年)に儒学者の毛利空桑が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられている。
5
Average: 4.6 (36 votes)
Updated: 2015-05-15 17:18
別府市の中心部からバスで2時間かかり、九州の鶴見の「津久見イルカ島」はユニークな景観と素晴らしい経験であなたを驚かせるでしょう。 それでは津久見イルカ島を探検しましょう! 「夏のスペシャルバージョン」というイルカの踊るパフォーマンスが非常に印象的! 一番素晴らしい二「俳優」は二人のコーチの協力を得て、「Let it go」のダンスを実行するために選択されました。 初めは挨拶のサーフと「ハイジ...
Updated: 2015-05-15 17:18
250m~300mの地底から噴き出る熱湯、噴気、熱湯の様子を地獄といい、別府ならではの体験スポット。 摂氏98度もあるが涼しげなコバルトブル-の「海地獄」や真っ赤な湯が煮えたぎる「血の池地獄」。 周期的に約20mも熱湯を噴き上げる「龍巻地獄」など珍しいものばかり。

ページ