Updated: 2018-12-19 09:15
鉄輪温泉を代表する「ひょうたん温泉」は、大規模な温泉施設でありながら、現在も昔ながらの雰囲気を残したのどかで素朴な温泉です。ミシュラン旅行ガイド(フランス語版)にも、三つ星として紹介されました。 男湯の目玉は、何といっても大正11年(1922)からある19本の瀧湯で、3メートルほどの高みから落ちてくる光景は圧巻です。滝のように流れ落ちる源泉は、鉄輪温泉の湯量の多さを物語ります。...
Updated: 2018-12-19 09:14
今年で創業89年を迎え、子どもが喜ぶかわいい動物や、安心して遊べる遊具がたくさんあり、親子3世代で楽しめるレジャースポット「別府ラクテンチ」です。 ​  別府に昭和4年(1929年)からある地元の方からの長年愛されるラクテンチです。     ラクテンチへはケーブルカーに乗って行くのが一般的。別府の街並みや別府湾の景色を眺めながら、ゆっくりと山の上の遊園地...
Updated: 2018-12-19 09:14
別府海浜砂湯は別府国際観光港の隣で、現在では少なくなった砂の浜辺が残っている上人ヶ浜(しょうにんがはま)の一角にあります。
Updated: 2018-12-19 09:13
両子山の中腹、かつての六郷満山中山本寺。国東半島最大級の石造仁王像は圧巻です。境内は県史跡となっています。秋の紅葉は素晴らしく、子授けの寺として親しまれています。               「神」と「仏」が融合する神仏習合の発祥の地であり、そして今もなお、その文化が残る大分県国東(くにさき)半島です。 その半島には国宝「富貴寺」を含む多くの寺社や石仏が点在し「仏の里」とい...
Updated: 2018-12-19 09:11
平安時代末期の作と言われている「大日如来(約6.7m)」と「不動明王(約8m)」の磨崖仏があり、国指定の重要文化財となっております。 国内最古にして最大級の磨崖仏です。また、約10年に一度行われる六郷満山の伝統行事である峰入りの荒行は、この不動明王の前を出発点とし、護摩をたいて行程150km、約10日間の行に入ります。   また、鳥居から熊野磨崖仏まで続く100...
Updated: 2018-09-10 15:13
九州大分県竹田市にある扇森稲荷神社、商売繫盛、学業成就、家内安全、交通安全。古くから親しまれてきた神社。地元の人からは「こうとうさま」と呼ばれる。佐賀県は祐徳稲荷神社、熊本県は高橋稲荷神社、そして、大分県竹田市の扇森稲荷神社が、九州三大稲荷と呼ばれています。 国道57号線沿い、九州トップクラスの高さを誇る17mの大鳥居が目印。近年では、パワースポットとして知られています。
Updated: 2018-08-16 13:21
 平成28年5月に新しくオープンしたバラ園が、現在見頃を迎えています。色鮮やかに咲き誇る約2,500本のバラが、天然の香水となって5,000平方メートルの広大な敷地を包み込みます。  
Updated: 2018-08-08 16:58
沈堕の滝は室町時代の水墨画の大家・雪舟の描いた「鎮田瀑図」のモデルとしても有名で、国登録記念物でもあります。 その姿はまるで滝が2段重ねになっているような、とても不思議な情景を表出し、写真スポットとしても大人気です。
Updated: 2018-08-08 11:46
諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、この危険な道で人馬が命を落とすのを見て心を痛め、享保20年(1735年)から自力で岩壁を掘り始めました。 托鉢勧進によって資金を集め、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで掘り続け、30年余り経った明和元年(1764)、全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門を完成させました。 「人は4文、牛馬は8文」の通行料を徴収して工事の費用...
Updated: 2018-07-31 14:14
大分県の空の玄関口です。 ターミナルビル3Fにある送迎デッキからは、迫力ある飛行機の離発着や滑走路の向こうに広がる大海原を眺めることができます。 また、豊後水道や天気の良い日に見える四国の山々を眺めながらお食事が楽しめます。県産食材を使ったメニューや郷土料理、パフェなどのスイーツも充実しており一休みに最適です。 空港限定の商品や県内や九州各地の特産品が勢揃いしており、ドライブやデートにぜひ立...

ページ