Updated: 2018-07-02 15:16
長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会堂です。 西坂の丘で殉教した二十六聖人へ祈りを捧げるために建てられたため、正面は西坂の丘に向けられています。元治元年(1864)末に竣工し、翌年2月に祝別されました。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない劇的な「信徒発見」の舞...
Updated: 2018-07-02 13:09
  1. 黒島天主堂
黒島天主堂は、文化・文政の頃、生月や外海から移住してきたキリシタンにはじまった。最初に常駐したマルマン神父が、基礎に特産の黒島御影石を積み、40万個のレンガを使い、1902年に祝別した荘厳な教会。「ながさき旅ネツト」より ロマネスク様式の構成、内部のリブ・ヴォールト天井は完成の域に達したと評価されており、1998年に国の重要文化財に指定された。 *「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺...
Updated: 2018-07-02 12:53
大野は、1599年の平戸領主松浦氏の弾圧で長崎に亡命したキリシタン籠手田一族にゆかりあると伝えられる地。1893年、信徒のためにド・ロ神父が設計し、私財を投じて信徒とともに石造りの教会を建てた。 1879年、外海地区に着任したド・ロ神父は、26戸の信者と力を合わせ、1893年に大野教会を完成させた。民家を思わせるような教会で、現地の石を積み上げた外壁(※)は、独特の風合いを醸し出している。ド...
Updated: 2018-07-02 12:00
1879年に潜伏キリシタンが多かった外海の出津・黒崎地区に赴任し生涯を外海に捧げたド・ロ神父が、風の強い斜面の台地に、1882年、私財を投じて建てた質実剛健な教会。神父は慈善事業にも力を入れ、出津救助院などを創設して女性の自立を促した。出津教会と旧出津救助院に加え、これらが立地する小田平(こだびら)集落一帯が世界遺産候補「出津教会堂と関連遺跡」であり、2012年には「長崎市外海の石積集落景観」とし...
Updated: 2018-06-27 11:40
若宮稲荷神社の秋の祭りに奉納される行事で、男狐・女狐の面をつけた2人の若者が、高さ10m余りの2本の青竹の上で曲芸が行なわれる。竹は、この囃子にあわせ、一定の速度でユラリユラリと下で揺り動かされ、揺れるたびに集まった観客から歓声があがる。 引用元「ながさき旅ネット」
Updated: 2018-06-20 16:57
「亀山社中」は、慶応元年(1865年)薩摩藩や長崎の豪商小曽根家の援助を受けて、坂本龍馬とその同志により設立された結社です。徳川幕府の倒幕を目的とした活動を行うとともに、船の回送や運輸業、銃器のあっせんなどの商号活動も行い、「日本初の商社」といわれています。 名誉館長は、坂本龍馬に造詣が深い武田鉄矢氏が務めています。「ながさき旅ネット]より
Updated: 2017-10-17 09:12
慶長元年12月19日(1597年2月5日)に聖パウロ三木ら20人の日本人と、6人の外国人宣教師の日本二十六聖人が殉教したとされる西坂の地に建てられた資料館です。 ザビエルによる日本での布教から弾圧、日本二十六聖人の殉教、潜伏、明治以降の信仰まで、日本でのキリスト教の歴史を紹介しています。 1546年のザビエルの書簡や、踏み絵と同じ型のピエタ、潜伏キリシタンたちが信仰していた「雪のサンタ...
Updated: 2017-10-16 11:38
鎖国時代から西欧に唯一開かれた窓口として栄えた長崎。 その街の様子や、出島で行われたオランダとの貿易など長崎ならではの海外交流の歴史や文化を、身近に学ぶことができます。 また、長崎奉行所を当時の資料をもとに、一部を復元した世界的にも大変ユニークな博物館です。
Updated: 2017-08-23 17:09
1609年、ドミニコ会のモラレス神父は、鹿児島を逃れるとき教会堂を解体して、長崎代官・村山等安が寄進した土地に建てられました。 この時代の石畳や地下室、その後建てられた代官屋敷時代の井戸などが、桜町小学校校舎建設工事に先立つ埋蔵文化財発掘調査により出土しました。 江戸時代初期の貴重な教会遺跡である「サント・ドミンゴ教会遺構」が一部整備公開され、《花十字紋瓦》などの教会時代の出土遺物、そ...
Updated: 2017-08-23 15:19
長崎最初に建てられた記念すべき教会、トードス・オス・サントス教会があった場所。「トードス・オス・サントス」とはポルトガル語で「諸聖人に捧げられた教会」という意味で、ここにセミナリヨとコレジヨ、印刷所などが置かれていた時期もありました。 いまも敷地内には、教会が建っていたキリシタン時代の貴重な遺構として切支丹井戸が残っています。また昭和になって、本堂の裏を改修する際に床の下から発見された大理石...

ページ