Updated: 2018-12-19 09:08
シースルーエレベーターで70秒。日本有数の高さを誇る143mの展望室からは、関門海峡、巌流島から響灘、対岸の九州まで、360度の絶景がパノラマで広がります。 季節・曜日によって変化する夜間ライトアップも必見です。「恋人の聖地」に認定されています。
Updated: 2018-10-25 18:39
No Image
  伊万里(いまり)市の大川内山(おおかわちやま)は、かつて鍋島藩の徹底した管理のもと「色鍋島」「鍋島染付」「鍋島青磁」などの傑作を生み出した藩窯(はんよう)があった山。          この大川内山には、製陶の秘法を守った関所、お経石窯や清原窯などの登り窯跡、陶工の家などが見事に再現されている「鍋島藩窯公園」で...
Updated: 2018-10-15 13:47
3Dシアターでの映像や展示資料を通して南薩の農業について学んだり、お茶づくりの体験学習ができる情報発信スポット。 オリジナルのお茶を作ることができる、手もみ体験(1人500円、所要時間約30分)のほか、頴娃茶とお菓子の煎茶セット300円が味わえるカフェもある。
Updated: 2018-10-15 11:58
枇榔島付近と北緯31度線以南の海岸は、「佐多岬海中公園」として日本で最初に海中公園に指定されたところです。色鮮やかなサンゴが密生し、海藻類の群落、その間を縫って遊泳する色とりどりの熱帯魚など、豊かな海の自然の宝庫です。 「さたでい号」に乗って、このすばらしいエメラルドブルーの別世界を水中散策することができます。
Updated: 2018-10-11 15:30
  福岡県青少年科学館は、福岡県久留米市東櫛原町にある県立の科学館。展示施設は地学、生命の進化、視覚実験、コンピュータ、生物のからだ、乗り物、物理、宇宙、その他オブジェの9ジャンルに分かれており、それぞれ十数点の常設展示物がある。
Updated: 2018-10-11 11:47
佐賀県鳥栖市田代から基山町にわたる一帯は、慶長4(1599)年に対馬藩田代領となり江戸時代中期に「田代売薬」が起こったところです。「田代売薬」の発展は、この地区に社会面及び経済面で大きな蓄積を残し、今日では製薬業は佐賀県の産業の一翼を担うまでに成長しました。
Updated: 2018-10-09 15:49
本坊酒造発祥の地。薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、 高さ26メートルのシンボルタワーとなる旧蒸留塔内では、蒸留酒とともに歩んできた本坊酒造の歴史をパネル展示、また、スーパーアロスパス式精製酒精蒸留装置がそびえ立ち、堂々たる威容を誇る姿を見ることができます。
Updated: 2018-10-09 13:13
薩摩酒造文化資料館明治蔵は,明治の頃より続く焼酎蔵です。代々受け継がれた伝統の手造りやカメ壺造りを得意とし,江戸中期や明治時代の焼酎をはじめ,奥深い「さつま芋焼酎」の復元に成功しています。
Updated: 2018-09-27 16:59
当公園は1952年頃、個人の植物公園 「四季の丘」として開園し、市民に40数年間親しまれてきました。1993年(平成5年)北九州市が買取り、約3年の年月をかけ公園の整備並びに改修工事を行いました。1996年(平成8年4月)に「北九州市立 白野江植物公園」として 発足し、現在に至っています。
Updated: 2018-09-25 16:59
大村湾に接し、国道34号線沿いのなだらかなカーブに面した場所にある、レトロ風な駅舎が千綿駅です。昭和3年に駅舎が建ち、営業が開始されました。 千綿駅のホームからは、美しい大村湾が一望でき、海の香りが漂います。2014年冬季の「青春18きっぷ」ポスター写真にも選ばれました。「ながさき旅ネット」より

ページ