Updated: 2019-02-14 09:04
熊本県立装飾古墳館は「装飾古墳」の専門館です。 国が提唱した「風土記の丘構想」に基づき、装飾古墳の保護・活用、そして研究のための施設として設置されました。 装飾古墳とは、石棺や石室あるいは横穴墓の内・外面に、彫刻や線刻、彩色により文様や絵画などの装飾を施したものです。 装飾古墳は、全国に約700基、熊本県内では約200基があります。
Updated: 2019-01-30 14:49
 きつき城下町資料館は、「杵築の城下町全体を歴史公園としてとらえ、その中核的機能を果たすための資料館」の構想のもとに平成5年(1993年)5月1日に開館しました。
Updated: 2019-01-07 14:17
明治30年代、神埼町仁比山地区一帯には約60基の大水車群がありました。城原川の豊富な水を使い、主に精米・製粉等に利用されていました。機械化の波に飲まれ、姿を消したこの水車を再現したのが「水車の里」。現在は、水車5基と水車小屋2棟が復元され、製粉と精米が出来るようになっています。  
Updated: 2018-12-27 15:14
  神埼市にある高取山の中腹にある公園。全長約200mの滑り台、ローラースライダー(200円/1回)や、山頂の展望所まで登れる長さ175mのモノライダー(片道200円)など、山の斜面を利用した遊具が配置されている。また、春には700本の桜や、シャクナゲ、ツツジ、フジが咲き、夏にはアジサイ、秋には紅葉と四季折々の自然を愛でることができる。
Updated: 2018-12-25 16:52
  当初は、1992年11月、故谷尾欽也氏が開設した美術館でした。   昭和初期に建てられた洋館造りの医院を外観はそのままに内部を改装し、また1998年に新館を増設してモダンな雰囲気を演出した洒落たたたずまいで注目を集めていました。2000年3月にご遺族から美術館と作品の寄贈を受け、2001年4月、直方市美術館(直方谷尾美術館)としてオープンいたしました。...
Updated: 2018-12-20 16:18
生活に結びつき、古くから使用されてきた熊本県の伝統工芸品を、展示販売しています。肥後象眼(ひごぞうがん)、木工品、竹製品、陶磁器、郷土玩具、刃物など県の指定を受けた伝統的工芸品80品目を展示。
Updated: 2018-12-19 09:15
鉄輪温泉を代表する「ひょうたん温泉」は、大規模な温泉施設でありながら、現在も昔ながらの雰囲気を残したのどかで素朴な温泉です。ミシュラン旅行ガイド(フランス語版)にも、三つ星として紹介されました。 男湯の目玉は、何といっても大正11年(1922)からある19本の瀧湯で、3メートルほどの高みから落ちてくる光景は圧巻です。滝のように流れ落ちる源泉は、鉄輪温泉の湯量の多さを物語ります。...
Updated: 2018-12-19 09:14
今年で創業89年を迎え、子どもが喜ぶかわいい動物や、安心して遊べる遊具がたくさんあり、親子3世代で楽しめるレジャースポット「別府ラクテンチ」です。 ​  別府に昭和4年(1929年)からある地元の方からの長年愛されるラクテンチです。     ラクテンチへはケーブルカーに乗って行くのが一般的。別府の街並みや別府湾の景色を眺めながら、ゆっくりと山の上の遊園地...
Updated: 2018-12-19 09:14
別府海浜砂湯は別府国際観光港の隣で、現在では少なくなった砂の浜辺が残っている上人ヶ浜(しょうにんがはま)の一角にあります。
Updated: 2018-12-19 09:11
こだわりの新鮮野菜・加工品・手芸品が並ぶ高千穂生まれの物産市場「鬼八の蔵」をはじめ、日本一の高千穂牛が堪能できる「レストラン和」や高千穂牛を加工販売する「JA高千穂地区ミートセンター」など高千穂の心が凝縮された新しい感覚の市場です。

ページ