Updated: 2016-09-09 15:45
  この「夫婦滝」は小国町から黒川温泉方面に向かう国道442号沿いにあります。  入口の「夫婦滝 のおみやげ屋さん」から階段を下りると、すぐに夫婦滝です。 階段も歩きやすく、降りるとすぐに滝なので、気軽に苦労なしで見れる滝スポットです。 お土産屋さんで販売されている愛・逢絵馬が人気で、至る所に飾ってあります。  
Updated: 2016-09-02 16:15
16世紀末、宣教師の養成を目的に大神学校「天草コレジヨ」(天草学林)が天草に作られました。 (「コレジヨ」というポルトガル語は英語のカレッジを意味します。) 天草コレジヨ館では、16世紀以降に河浦に伝えられた南蛮文化の資料を多数展示。特に、4人の遣欧少年使節がヨーロッパから持ち帰ったグーテンベルク印刷機(複製)がみどころである。 ローマへ渡った天正遣欧少年使節団てんしょうけんおう...
Updated: 2016-08-19 16:23
大人の乗客をターゲットに、黒と金色の外装、南蛮文化風の内装などが魅力の上品な列車です。 車内には「A-TRAIN BAR」と名づけられたバーカウンターが設けられ、JAZZの音楽が車内にこだまして、海岸線を走るので有明海の潮の満ち引き、三角駅にちかずくにつれ、雲仙普賢岳の雄姿が望めます。 車窓から見える景色「御輿来(おこしき)海岸」   車内を覗いてみよう!...
Updated: 2016-08-19 13:17
  現在九州で走っている路面電車は、この熊本市電と長崎市内、鹿児島市内の3か所です。 大正13年に開通した歴史ある市電で、今でも熊本市民の足として活躍しております。現在、熊本駅及び上熊本駅から繁華街、熊本城、水前寺公園などを結ぶ2系統があります。 A系統:熊本駅前(田崎橋)~辛島町~通町~水前寺公園~健軍町終点 B系統:上熊本駅~本妙寺入口~新町~辛島町~通町~以...
Updated: 2016-08-17 11:47
「日本の渚百選」に選定されている「有明海砂干潟」。 干潮時,長浜海岸から網田海岸まで約5㎞にわたって三日月型の独特の砂紋が現われます。 この海岸の中でも,「日本の夕陽百選」に選ばれた御輿来海岸は,夕日に輝く砂紋の景色が神秘的で,干潮と日の入りが重なる日は全国からプロ,アマ問わず多くのカメラマンが訪れます。 この絶景の日は1年のうち,10数日しかなく,太陽の落ちる位置は刻々と変化します...
Updated: 2016-08-08 18:11
  田園シンフォニーは、一日に一本運行する観光列車です。熊本の人吉温泉駅から湯前駅まで約1時間かけて田園風景やおもてなしを楽しむ列車です。 第三セクターのくまがわ鉄道が運営している。
Updated: 2016-08-08 15:35
ブルートレインたらぎは、寝台特急「はやぶさ」の車輌3両をJR九州から購入し、平成22年7月にオープンした簡易宿泊施設。 3両のうち、2両が宿泊施設(現状維持)1両が交流の場としてリニューアルして復活しました。 画像提供共:「くまもとなごみ紀行」より
Updated: 2016-08-08 15:02
  日本で唯一「幸福」の名がつく駅。 のどかな風景にとけ込む駅舎はどこか懐かしいたたづまい。 隣には、売店があり、幸福の名にちなんだ『幸福グッズ』や地元の特産品を販売して、全国から観光客が訪れています。 駅の目の前には、小高い丘があり、そこには「岡留公園」が整備されており、のんびりとくつろぐことができます。 画像提供共:「くまもとなごみ紀行」より
Updated: 2016-08-08 14:29
通潤橋と並んで有名な石橋です。 緑川本流の最大の難所、船津峡に架けられた全長90mの巨大な石橋です。 単一アーチとしては日本最大級の規模を誇っています。 種山石工の卯助・宇一・丈八3兄弟が中心となって1847年(弘化4年)に架橋した。  国指定の重要文化財です。  画像提供共:「くまもとなごみ紀行」より
Updated: 2016-08-08 14:28
応年十五年(1408年)の創建で、相良九代前続公の開基により、実底超真和尚が開山した曹洞宗の寺。 幽霊の掛け軸があることで知られている。 常時、幽霊の掛け軸(レプリカ)は展示されており、ビデオで寺や掛け軸の由来を知ることができる。 幽霊がでたという池は湧水池で春にはつつじや海棠等、夏には水連等四季折々の花を楽しめる。 人吉に行ったら、一度寄ってみたら!! 画像提供共:...

ページ