Updated: 2016-10-27 11:26
長崎くんち・筥崎宮放生会と並び九州三大祭りの一つと言われ、380年の歴史を誇る。神興、神馬に笠鉾・獅子・亀蛇・奴・飾馬など多彩な出し物つき従う神興行列が、塩谷八幡宮から八代神社へお上りし、八代駅前・砥崎河原等で演武を披露する。   出典:http://autumn.walkerplus.com/detail_e/ar1043e145629/ 画像© 八代妙見祭...
Updated: 2016-10-24 16:47
「「ゆうステーション」は、町特産の木材を主体構造(木造立体トラス構法)とし、ガラス窓をふんだんに配置した、逆台形の特色ある建物である。 出典元:wikipedia
Updated: 2016-10-24 16:29
  かつて東洋と西洋の接点としてキリシタン文化の華が咲き乱れた天草も、やがて苦難の時代へ。このサンタマリア館には、キリシタン衰史を物語る数々の資料が展示され、訪れた人々を昔日へと誘う。 館内には、日本中のめずらしい徳利(600本)や、天草土(どろ)人形が展示されている。   出典元:天草宝島観光協会  
Updated: 2016-10-24 16:10
奇岩怪石があり、昭和10年6月国の文化財名勝に指定された。 天草五橋が一望に望める。東に八代海、西に有明海、天気のよい日は,阿蘇まで眺めることができる。 千巌山公園に植えてある桜と自生している山桜が咲き、訪れる人々の目を楽しませてくれる。30年生の桜が咲き誇る。   出典元:天草宝島観光協会
Updated: 2016-10-24 15:35
平成27年7月17日グランドオープン!シークルーズ船乗り場前にリゾート観光施設「リゾラテラス天草 L'isola Terrace Amakusa」がオープンしました。 レストラン、カフェ、お土産、バー、ベーカリーなど充実した内容で、これまでの天草にないお洒落なリゾート感あふれる観光施設です。 クルージングを楽しんだ後は海を眺めながらカフェでティータイム。 夕日を眺めながらバーでカ...
Updated: 2016-10-24 15:34
背戸屋巡りと称した案内を中心に、杖立温泉を一周し、まだ知られていない魅力を引き出していく。 終了容器で後は足湯で疲れを癒して、蒸気で蒸した卵が召し上がれます。   「熊本県観光サイト なごみ紀行」より photo by flickr  
Updated: 2016-10-20 10:46
  1. 天草オリーブ園
  天草オリーブ園AVILOは熊本県天草市にある「天草オリーブ農園」で、 約20,000㎡の作付面積に10種類のオリーブの木を、丹精込めて大切に育てています。 天草は、オリーブの本場である地中海の気候にとてもよく似ていて、オリーブの栽培に非常に適してします。 ツアーガイドと共に園内を廻り、オリーブの木や実を身近に見れ、説明してくれる「オリーブ農園ツアー」やオリーブ手搾り...
Updated: 2016-10-20 10:39
  1. 天草ロザリオ館
天草での隠れキリシタンの生活・信仰の様子や文化を今に伝えるのがこの「天草ロザリオ館」です。 映像ホールでは天草のキリシタンの歴史、自然・景勝地、天草の人々の生活の様子などを上映しています。 また隣接した「まちのおもちゃ箱」では、天草土人形、日本各地の民族玩具、民芸品作りを体験できるふるさと伝承コーナーなど、全国のおもちゃを集め、展示しています。  ...
Updated: 2016-10-20 10:35
  1. 大江天主堂 外観
現在の建物は昭和8年に完成したロマネスク様式白亜の天主堂です。宣教師として来日し、天草へのキリスト教伝導に生涯を捧げたガルニエ神父が私財を投じて建立しました。 今でも天草キリシタンのシンボル的な存在であります。 北原白秋、吉井勇ら五人の詩人「五足の靴」の一行も、ガルニエ神父に会いにこの天主堂を訪れています。     出典:kumanago....
Updated: 2016-10-20 10:34
  1. 高浜焼(寿芳窯)
天草陶石を代表する窯元。白く、薄く、透きとおるような品質が特徴で、資料館も隣接。 天草陶石は、陶磁器原料として江戸時代(約290年前)から開発されており、生産量は全国の三分の二を占め名実ともに日本一の陶石である。 白い器に呉須で彩られたハイカラなデザインが知られています。    

ページ