Updated: 2016-11-02 08:52
社伝で伝えられる限りでは神功皇后の三韓征伐後奉祀されたもので仲哀天皇9年(200年)創建とされる。 古くは「隼人明神」とも呼ばれた。 壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたと伝えられる。 海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。 現社...
Updated: 2016-10-31 14:19
唐戸市場はふぐの市場としてはもちろんのこと、タイやハマチ等、新鮮な魚介類が食べれる市場としても有名です。 獲れたての新鮮な魚介類をネタで作ったお寿司は最高です。  
Updated: 2016-08-10 11:34
photo:G43(Wikimedia Commons) 九州の玄関口である北九州市の中心駅。 北九州市小倉北区浅野一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・北九州高速鉄道(北九州モノレール)の駅である。
Updated: 2016-07-20 09:49
  リバーウォーク北九州は、紫川や小倉城、勝山公園など、緑豊かな自然と歴史に囲まれた絶好のロケーションの中に誕生した、 文化・芸術・情報発信・商業などの高度な機能を持つ複合空間です。「小倉の街を流れる紫川の水辺を心地よく歩いてほしい」「北九州市に新しいシンボルをつくりたい」。そんな思いを込めて「リバーウォーク北九州」は名付けられました。 提供「北九州市観光協会」...
Updated: 2016-06-20 15:20
  1. 小倉城庭園
庭園ゾーン、書院ゾーン、体験ゾーンから成る。庭園ゾーンは、「池泉回遊式」庭園で、池を巡りながら景観を楽しむことが出来る。書院ゾーンは、日本の伝統的な建築様式の書院造の木造建築物である。体験ゾーンは、茶道や香などの体験が出来る。このようにして日本の伝統文化を自由に体験することや、四季の自然を楽しむことができる。
Updated: 2016-06-15 14:29
  1. 松本清張記念館
北九州市出身の偉大な作家,「点と線」、「ゼロの焦点」、「砂の器」などの推理小説で知られる、松本清張の足跡を伝える日本唯一の記念館です。充実した資料と映像で松本清張の一生を見ることができます。
Updated: 2016-05-02 15:12
  見る、読む、描くの3つのテーマからなっている。見るは、北九州市と縁のある漫画家の作品展示、特に「宇宙戦艦ヤマト」で有名な松本零士氏の作品のコーナーがあります。次の読むは、数万冊の漫画単行本を閲覧出来るゾーンなど、描くは、小、中学生向けの漫画体験教室(描き方)など、楽しみや魅力をたくさん伝える漫画文化の拠点施設です。
Updated: 2016-04-13 11:59
  樹齢約160年を含めた藤が咲き乱れる 鎮西上人の開山忌と藤の見頃に合わせて開催される祭り。市の保存樹に指定された樹齢約160年の野田藤を含め、藤が吉祥寺の境内を淡い紫色に染め上げる様は壮観だ。期間中は露天が並び、大勢の来場客でにぎわう。また、郷土芸能の吉祥太鼓も披露される。   出典:http://www.walkerplus.com/event/a...
Updated: 2016-04-13 11:00
  アメリカンアイテムが門司港に集結 昨年5月の初開催で、2日間で約5万人が来場したスワップミートが今年も開催。スワップミートとは、Swap(交換)とMeet(出会い)を合わせた言葉で、不要品を物々交換の場として全米で広がったフリーマーケットと同じようなものだ。予期しなかったお宝を発見できる機会となる。アメリカをコンセプトに、ファッション、インテリア、雑貨などのアメリンカンア...
Updated: 2016-04-13 10:49
  学校から受けつがれた貴重な標本が大集合! かつて学校の理科室や資料室で活躍していた標本たち。現在では映像資料などの教材が充実し、教科の内容も変わり、標本を利用する機会が少なくなるとともに、学校での保管も難しくなっているという。今展では、標本を中心として、自然界のふしぎやむかしの不思議を見つめ直す。長年月の利用を経てもなお失われていない、実物標本がもつ存在感を感じとってほし...

ページ