Updated: 2019-03-11 16:18
日本一太い杉といわれる縄文杉、その大枝(長さ5m、重さ1.2t、枝の年齢およそ1000年)が縄文杉「いのちの枝」です。枝とは思えないほど大きく、直接触れることもできます。 屋久杉と屋久島のすべてを知ることができる博物館です。 (カメラ撮影OK!)
Updated: 2019-03-11 14:14
屋久島環境文化村センターは宮之浦港入口にあり、屋久島の自然や文化に関する総合的な情報の提供・案内・交流を行っています。 そのほか地図やビデオ、パソコンなどで屋久島の自然や気象、人の暮らしなどの情報を提供しています。 屋久島の代表的なお土産がほぼすべて揃う物産館、宮之浦港を望む前面ガラスの喫茶コーナーもあります。
Updated: 2019-03-11 13:36
No Image
屋久島の切り株の中では最大のウィルソン株は、樹齢3000年。植物学者E.H.ウィルソンによる調査で有名になったことから名付けられました。 中は大きな空洞があります。空洞の中に入って見上げると、天井部にはハート型に見える穴が開いています。パワースポットとしても評判のスポットとなっています。  
Updated: 2019-02-14 09:14
蒼くそびえる高千穂峰を背景に、静寂の空気を震わせて、虹色のしぶきをあげる犬飼滝。高さ36メートル、幅22メートルの純白の帯は、まさに壮観です。 かつて和気清麻呂がここで遊び、明治維新の立役者「坂本龍馬」も眺めたという由緒のある滝です。
Updated: 2019-01-21 09:37
和気(わけ)神社は、奈良時代末期から平安時代初期に国の官僚として活躍した「和気清麻呂」を祀る神社。主なご利益は交通安全や学問、建築とされ、厄払いも可能。 参道前の滝見台から見渡せる犬飼滝の姿も魅力的なためぜひ見ておきましょう。 神社前の和気公園では、4月~5月には「藤まつり」が行われ、満開の藤を楽しむことが出来ます。
Updated: 2018-10-25 17:30
No Image
南さつま市と枕崎市を結ぶ、国道270号線沿いにある物産館。 ミカン・キンカンなどの柑橘類を中心に、地元で採れた新鮮な野菜や果物、魚介類の他、地元の高校生が育てた黒豚の肉・加工品を豊富に取り揃えてあります。      キンカンの特産品やグルメが豊富に揃う物産館。                               ...
Updated: 2018-10-15 13:47
3Dシアターでの映像や展示資料を通して南薩の農業について学んだり、お茶づくりの体験学習ができる情報発信スポット。 オリジナルのお茶を作ることができる、手もみ体験(1人500円、所要時間約30分)のほか、頴娃茶とお菓子の煎茶セット300円が味わえるカフェもある。
Updated: 2018-10-15 11:58
枇榔島付近と北緯31度線以南の海岸は、「佐多岬海中公園」として日本で最初に海中公園に指定されたところです。色鮮やかなサンゴが密生し、海藻類の群落、その間を縫って遊泳する色とりどりの熱帯魚など、豊かな海の自然の宝庫です。 「さたでい号」に乗って、このすばらしいエメラルドブルーの別世界を水中散策することができます。
Updated: 2018-10-09 15:49
本坊酒造発祥の地。薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、 高さ26メートルのシンボルタワーとなる旧蒸留塔内では、蒸留酒とともに歩んできた本坊酒造の歴史をパネル展示、また、スーパーアロスパス式精製酒精蒸留装置がそびえ立ち、堂々たる威容を誇る姿を見ることができます。
Updated: 2018-10-09 13:13
薩摩酒造文化資料館明治蔵は,明治の頃より続く焼酎蔵です。代々受け継がれた伝統の手造りやカメ壺造りを得意とし,江戸中期や明治時代の焼酎をはじめ,奥深い「さつま芋焼酎」の復元に成功しています。

ページ