Updated: 2018-07-31 14:11
Updated: 2017-06-21 14:42
直島のアート鑑賞エリアは、大きく3ヶ所、宮ノ浦エリア、本村(もとむら)エリア、ベネッセハウス周辺エリアに広がっています。その中の本村エリアにあるのが「家プロジェク」です。 「家プロジェクト」の第1弾として完成したのが、「角屋」です。200年ほど前に建てられた家屋を、漆喰仕上げ、焼板、本瓦を使った元の姿に修復しました。現在、「角屋」・「南寺」・「きんざ」・「護王神社」・「石橋」・「碁会所」・「...
Updated: 2017-06-21 13:24
1992年に開館した、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、安藤忠雄が設計した美術館とホテルが一体となった施設です。館内には収蔵作品に加え、アーティストがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。 瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄の設計によるものです。
Updated: 2017-06-21 09:59
現在ヨーロッパを中心に活動している国際的評価の高いアーティスト・李禹煥と建築家・安藤忠雄のコラボレーションによる美術館です。安藤忠雄設計の建物のなかには、韓国生まれで現在は日本とフランスに住み、欧米を中心に活動する「もの派」の代表的な作家である李禹煥(リーウーハン)の1970年代以降から現代に至る絵画・彫刻作品が展示されている。
Updated: 2017-06-19 15:01
瀬戸内海に浮かぶ小さな島、直島(なおしま)に2004年設立された美術館です。 世界的に有名な建築家、安藤忠雄設計の館内は、瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久設置されています。 地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。 また、...
Updated: 2016-11-01 10:53
森林公園と小豆島有数の海水浴場に接した5haの運動公園です。 「ドラゴンロード」と名付けられた97mのジェットスライダーを中心とした「冒険の森」、夜間照明付きの全天候型テニスコート4面の「高見山テニス場」、「多目的グラウンド」があります。
Updated: 2016-11-01 09:55
香川県小豆島町にある小豆島町立のオリーブをテーマとする公園、テーマパーク。 明治時代に日本で初めてオリーブの栽培に成功したオリーブ園に隣接して、小豆島とオリーブの歴史文化を紹介する施設群が建設されている。   出典元:wikipedia
Updated: 2016-10-20 15:51
小豆島の前島から沖に浮かぶ中余島を経て大余島(総称・余島)へと続く約500mの細長い砂州の道です。 『天使の散歩道』とも呼ばれ、潮の干満により道があらわれたり海に消えたりします(トンボロ現象)。 このため1日に2回干潮の時のみ渡ることができますが、大余島は島全体が神戸YMCAの私有地のため歩いて行けるのは大余島の手前までです。 瀬戸内海の多島美と四国・屋島を見渡せるロケーションの...
Updated: 2016-10-20 15:40
日本三大渓谷美のひとつに数えられ、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地の一つ。200万年の歳月が創りだした日本屈指の渓谷美を望むことができます。風雨の浸食によってつくられた奇岩、垂直にそそり立つ大岩壁の中をいくロープウェイからの眺めはまさに絶景です。 「うどん県旅ネツト」より 写真提示:小豆島旅ナビ      
Updated: 2016-06-27 10:12
  国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さをもつ栗林公園は、江戸時代讃岐高松藩の歴代藩主により100年以上も費やして作られた日本を代表する大名庭園です。松の緑濃い間を歩いて橋を渡りながら見る景色、どこから見てもとても素晴らしく本当に美しい庭園です。            ...

ページ