Updated: 2018-07-25 16:04
桜井二見ヶ浦は、市の北部に位置し、夫婦岩は海岸から約150メートルの海中に屹立しています。 古くから桜井神社(県の文化財)の社地として神聖な場と崇敬され、毎年5月の大潮の干潮を期して長さ30メートル、重さ1トンの大注連縄(おおしめなわ)が張られています。また、「日本の渚100選」 「日本の夕日100選」に選定されています。      
Updated: 2018-07-25 14:02
『伊都菜彩』は、糸島の農家が心を込めて育てた生産物を、新鮮で安く消費者の皆様にお届けするために、平成19年4月に生まれたJA糸島直営の直売所です。
Updated: 2018-07-25 11:34
八女・福島で偉容を誇る 創業147年の老舗茶問屋。さかのぼる事87年前、茶の品評会で、茶問屋『許斐(このみ)本家』の三代・許斐久吉(ひさきち)は『八女茶』の名を付け提唱した。 八女茶発展の歴史や商取引の名残をとどめる古い道具や資料なども展示され、先人たちの知恵を伝えている。
Updated: 2018-07-19 12:59
古くから茶の湯釜の名品として知られる芦屋釜。芦屋釜の里は、江戸時代初期頃に途絶えた芦屋釜の復興に取り組む施設です。長屋門をくぐり抜けると、季節の花と緑あふれる3000坪の日本庭園の美しい眺めが広がっています。
Updated: 2018-07-11 16:22
全国有数のフルーツ王国・福岡県うきは。肥沃な大地と綺麗な水に育まれ、四季を通してさまざまなフルーツが実ります。その中で三代に渡り受け継がれてきた私たち春光園の果樹園には、先代から繋がる歴史とまごころが詰まっています。
Updated: 2018-07-11 11:41
沖ノ島(おきのしま)は、九州本土から約60キロメートル離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの孤島であり、宗像大社の神領(御神体島)で、沖津宮(おきつぐう)が鎮座する。 「沖ノ島」は女人禁制で、生えている草や石なども島から持ち出すことが禁じられています。 島からは銅鏡や金製の指輪などおよそ8万点の装飾品などが出土し、「海の正倉院」とも呼ばれています。 ”『神宿る島』宗像・沖...
Updated: 2018-07-09 16:53
”かえる寺”として親しまれる如意輪寺は、天平年間に創建された由緒ある寺だ。住職が中国に行ったとき、「無事帰る」の願いを込めて小さなヒスイのカエルの置物を持ち帰り、境内に置いたことからカエル一色に染まる寺に。境内はカエルの置物がいたるところにあり、さまざまな”お言葉”も添えられている。同寺は花や紅葉の名所としても有名。春はしゃくなげやツツジ、夏はアジサイ、そして秋は紅葉と、季節の移り変わりを楽しめる...
Updated: 2018-06-27 11:35
TOTOは、1917年に創立されました。日本に、まだ下水道が整備されていない時代に、国民の健康で文化的な生活の実現を願い、水洗便器をはじめとする衛生陶器の製造に着手し、現在トップ企業として運営されています。創立100周年記念事業として、当ミュージアムが開設されました。
Updated: 2018-06-06 17:25
博多の総鎮守 櫛田神社前に博多の伝統文化に触れる、体験できる新たな観光スポットとなる体験型文化施設です。日本舞踊や民踊、独楽、博多仁和加など博多に伝わる伝統芸能の魅力を発信することを目的としています。また、博多券番の芸妓の稽古場としても利用されています。   画像提供 博多伝統芸能館
Updated: 2018-06-04 16:47
鳥類を主体とする動物園で、クジャク、タンチョウ、フラミンゴなどを中心に数百羽の鳥類が飼育されている。また、プレイランドには観覧車やメリーゴーランドなどの遊具が設置されており、夏には市民プールも隣接、運営されている。

ページ