Updated: 2019-04-03 10:49
全国初の「公園の中の駅」として注目される九州新幹線筑後船小屋駅前に誕生した芸術文化交流施設「九州芸文館」。世界で活躍する建築家の隈研吾氏が設計協力したインパクトのある建物も話題を呼んでいる。屋内外には、東京芸術大学の全面協力により制作された大型壁画や、著名な造形作家による作品が設置されている。
Updated: 2019-04-01 17:04
満開時には甘い香りが藤棚一面に漂いますので、藤の花と香りを同時に楽しむことができます。 例年見頃は4月中旬から5月初旬です。  
Updated: 2019-03-20 15:44
玄界島は、福岡市西区にある島です。「ベイサイドプレイス博多埠頭」より定期船が出ており約35分の船旅で到着します。最高海抜約218メートルのお椀をふせたような形の島で周囲約4キロ、徒歩で約1時間で1周できる大きさで観光地としても親しまれています。 主に漁業を生業としており、約700人の島民が暮らしています。自然が豊富で水産物が大変美味しく、福岡市内からのアクセスが良いのも特徴です。
Updated: 2019-03-20 14:07
若者も女性も元気な漁業の島 福岡市から北西40キロの玄界灘にある、ひょうたん型の島です。島の主産業は漁業でまき網漁、ブリ一本釣り、ヒラメ刺網漁が盛ん。生活環境面では海水淡水化装置があるため、ここ数年水不足になることはありません。人情が厚く、海の幸豊かで、自然に恵まれた島です。              小呂島漁港 福岡県は、古代、遠の朝廷(とおのみかど...
Updated: 2019-03-18 16:58
耳納北麓の自然に抱かれ、草野の古い町並みの山手にある発心公園はピクニックにはもってこいの公園です。歴代藩主の花見の場所といわれ、春は約170本の桜が咲き誇ります。       他にも、園内には発心三社大権現の社、江戸時代に筑後川の床島堰の建設に力を注いだ草野又六の銅像、芭蕉の句碑等があります。   桜の見頃...
Updated: 2019-03-18 10:34
  “海の見える丘 博物館”の愛称で親しまれている「能古博物館」には、大型廻船模型や古地図、能古島の歴史や民族資料などが展示されている。 広い敷地内には、市の指定史跡である「能古焼古窯跡」や万葉歌碑、孔子廟などが点在しているほか、近くに直木賞作家・檀一雄にまつわるスポットもあり、とにかく見どころが多い。
Updated: 2019-03-13 15:15
能古の山頂195mにある展望台では、福岡市街や玄界灘など四方を眺望でき、遠くには小呂島(おろのしま)も見ることができます。     一面に咲き誇るコスモスとひまわり 檀一雄文学碑 晩年を能古島に居を構えた檀一雄の辞世の句。 福岡市姪浜港/船/10分 詳しくは:https://www.jalan.net/kankou/spt_40135ad3350046513/...
Updated: 2019-03-13 14:46
  アイランドパークは、オープンして40年以上が経ちました。その間、コスモス畑や花壇をつくり、福岡博覧会で展示された町並みを移築した「思ひ出通り」をつくり、宿泊できるコテージや西島伊三雄先生の作品を集めた美術館、レストランやカフェ、ミニ動物園、オリジナルスポーツ「のこのこボール」など、花と緑に囲まれながら、大切にしていきたい懐かしさを加えつつ現在に至ります。
Updated: 2019-02-14 09:13
福岡県南部の山間部に位置する谷川梅林。 美しく剪定され、丁寧に栽培された梅の木三万本が咲き乱れる景色はまさに絶景。 毎年見頃の時期には「夢たちばな観梅会」と題したまつりには例年多くの人で賑わう。
Updated: 2019-02-14 09:12
三池山の中腹にある宇今山普光寺(うこんざんふこうじ)。 この寺は大牟田市で最も古い天台宗の寺院。臥龍梅(がりゅうばい)は樹齢400年で全長22mの八重咲きの紅梅であり、2月下旬~3月上旬に見頃となります。    樹齢400年の普光寺臥龍梅(がりゅうばい) 臥龍梅(がりゅうばい)は龍が地を這う姿に似ていることから「臥龍...

ページ