Updated: 2019-02-14 09:13
福岡県南部の山間部に位置する谷川梅林。 美しく剪定され、丁寧に栽培された梅の木三万本が咲き乱れる景色はまさに絶景。 毎年見頃の時期には「夢たちばな観梅会」と題したまつりには例年多くの人で賑わう。
Updated: 2019-02-14 09:12
三池山の中腹にある宇今山普光寺(うこんざんふこうじ)。 この寺は大牟田市で最も古い天台宗の寺院。臥龍梅(がりゅうばい)は樹齢400年で全長22mの八重咲きの紅梅であり、2月下旬~3月上旬に見頃となります。    樹齢400年の普光寺臥龍梅(がりゅうばい) 臥龍梅(がりゅうばい)は龍が地を這う姿に似ていることから「臥龍...
Updated: 2019-02-14 09:07
八女手すき和紙の製造工程や和紙づくりの体験ができる施設。 手すき和紙を用いて、自分で押し花をすき込んだオリジナルの名刺やハガキ、色紙等を作成することができる。(団体要予約)
Updated: 2019-02-14 09:06
国指定重要無形民俗文化財、八女福島の燈籠人形の屋台模型を展示。      展示品                      資料館外観          人形劇舞台
Updated: 2019-02-14 09:05
国指定史跡八女古墳群の中でも有名な石人山古墳、善蔵塚古墳、弘化谷の3つの古墳のうち、石人山古墳、弘化谷古墳を公園として整備し資料館として開館。 1F展示室には、広川町より発掘した遺物を中心に展示し、ロビーには弘化谷古墳石室の複製を展示している。 *毎年11月の第2日曜日に「こふん祭り」が開催される。
Updated: 2018-12-25 16:52
  当初は、1992年11月、故谷尾欽也氏が開設した美術館でした。   昭和初期に建てられた洋館造りの医院を外観はそのままに内部を改装し、また1998年に新館を増設してモダンな雰囲気を演出した洒落たたたずまいで注目を集めていました。2000年3月にご遺族から美術館と作品の寄贈を受け、2001年4月、直方市美術館(直方谷尾美術館)としてオープンいたしました。...
Updated: 2018-12-25 14:42
九州一の繁華街、天神の真ん中に佇む警固神社は、1601年に黒田長政公によって今の場所に移されました。隣接する警固公園と共に都会のオアシスといった趣があり、厄除けや開運の神様として有名です。多くの神社と同様、元旦に歳旦祭、1月3日に元始祭が行われます。抜群のアクセスの良さで、正月中はたくさんの参拝客で賑わいます。
Updated: 2018-10-11 15:30
  福岡県青少年科学館は、福岡県久留米市東櫛原町にある県立の科学館。展示施設は地学、生命の進化、視覚実験、コンピュータ、生物のからだ、乗り物、物理、宇宙、その他オブジェの9ジャンルに分かれており、それぞれ十数点の常設展示物がある。
Updated: 2018-09-27 16:59
当公園は1952年頃、個人の植物公園 「四季の丘」として開園し、市民に40数年間親しまれてきました。1993年(平成5年)北九州市が買取り、約3年の年月をかけ公園の整備並びに改修工事を行いました。1996年(平成8年4月)に「北九州市立 白野江植物公園」として 発足し、現在に至っています。
Updated: 2018-09-20 16:40
子供向け玩具花火の製造を続けて約90年、日本で三社しかない国産線香花火の製造所。 国内唯一の線香花火製造所であった製造所(福岡県八女市)が1999年に廃業し、日本の線香花火は消えてしまう運命でした。しかし、3代目筒井良太が線香花火の製造技術継承を願い、その製造所で修行し、製造所の廃業と同時にすべてを引き継ぎました。

ページ