絞り込み条件

Updated: 2016-04-13 09:22
  高千穂地方の夜神楽は毎年11月下旬から翌年2月にかけて各地域ごとに主に民家を神楽宿として徹夜で舞われる。五穀豊穣を神に感謝し、又は来る年の幸を祈る神人一如の習俗が現在も継承されている。33番の神楽も天照大神の岩戸開きの神話が主題となっているが、農耕の収穫を祈る舞いもあり、秀れた民俗芸能として伝わっている。   -----------------------...
Updated: 2016-04-13 09:22
  九州では最も大きなよさこい祭りの一つで、例年10月下旬の金曜日に前夜祭、土曜日・日曜日本祭りという日程で行われています。   佐世保の一大行事でもあるこのお祭りでは、熱気あふれるYOSAKOIの演舞が一番の魅力。メイン会場の名切公園(名切お祭り広場)をはじめ、市内10会場以上で約170チームの演舞が楽しめます。老若男女問わす、音楽に合わせて鳴子をならしなが...
Updated: 2016-04-13 09:21
  宮崎神宮大祭は、毎年10月下旬頃の土曜日・日曜日に開催される。五穀豊穣を祝うお祭りで地元では「神武(じんむ)さん」と親しみをこめて言われます。神宮を出発してお旅所まで「御神幸行列」や「神賑行列」が街の目抜き通りを練り歩きます。鎌倉時代の装束をした流鏑馬行列、平安時代の公家の衣装を着けた行列、歴史絵巻物のようです。特に、「御神幸行列」の華「シヤンシヤン馬」の行列が通ると、多くの人...
Updated: 2016-04-13 09:21
  1. 千人灯籠踊り
  熊本県の北部山鹿市の「山鹿灯籠祭り」は、夏の風物詩の一つである。「よへほ節」の調べに合わせて、頭上に灯籠を乗せた浴衣姿の女性たちが、優雅に舞い踊る「千人灯篭踊り」は、灯の輪が重なりあつて幻想的な世界へと誘われます。8月15日、花火大会、16日この千人踊りと、各地から観光バスが、多くの人々が祭りに訪れます。また、山鹿市内には100年の歴史を誇る芝居小屋、国の重要文化財である「八千...
Updated: 2016-04-13 09:20
  1. 小倉祇園太鼓
  7月に入ると小倉の街は、各町内の隅々から太鼓と鉦の音でとても賑やかになります。「全国三大祇園」に数えられることもある「小倉祇園太鼓」の始まりです。   太鼓とすり鉦(ジャンガラ)が主役となる「太鼓祇園」である。全国に珍しい両面うちの太鼓と、勢いの良いジャンガラのテンポに、ついつい身を乗り出してしまいます。   祭りのクライマックスは、...
Updated: 2016-04-13 09:18
  列車とキャラクター軍団のガチリレー対決! 最高速度が日本一遅いトロッコ列車「潮風号」を相手に、ゆるキャラやご当地キャラなど、さまざまなキャラクター7体がチームを組み、線路と平行する約100mの遊歩道をリレーで競争するイベント。トロッコ列車が運行される、3月から11月までの毎月第3日曜に各日5回開催。イベント会場では、競争が終わるごとにキャラクターたちと一緒に記念写真を撮る...
Updated: 2016-04-13 09:18
  かくす・のぞく・あばく 福岡アジア美術館、福岡市美術館、福岡市博物館の3館が同じテーマのもと、それぞれの所蔵品展を開催する共同企画シリーズの第2弾。今年のテーマは「秘密―かくす・のぞく・あばく」だ。当館では「のぞく」を入口に、なぜだか動物が登場する秘密めいた作品や、秘密の怖さを想起させる作品などを紹介する。   出典:http://www.walke...
Updated: 2016-04-13 09:18
  高さ日本一66mから流れ落ちる迫力の光 毎年規模を拡大し、2015年は世界最大1300万球のイルミネーションを実施。シンボルタワーのドムトールンの66m地点から流れ落ちる迫力の光の滝や、光り輝くイルミネーションの海に向かってダイブする光のバンジージャンプなど、個性豊かな新スポットが登場する。2014年に登場して人気を博した、船が通ると音楽と水しぶきが上がる光と噴水の運河を...
Updated: 2016-04-13 09:17
  『別府八湯温泉まつり』のメインイベントの1つである『扇山火まつり』。 夜空に浮かび上がる炎のシルエットが 別府に春の訪れを告げ、温泉まつりを華やかに盛り上げます。   ----------------------------------------- その他の最新イベント情報はこちら ------------------------------...
Updated: 2016-04-13 09:17
  天草の春を彩る「牛深ハイヤ祭り」は、毎年4月中旬に3日間にわたり開催されます。ハイヤのリズムに乗って老若男女が街中を踊り歩く「総踊り」は、5000人総踊りを目指して飛び入り参加も可能で、牛深の街がハイヤ一色に染まります。「水産フェア」や「漁船団海上パレード」なども見どころとなっています。   出典:https://guide.jr-odekake.net/...

ページ