絞り込み条件

Updated: 2018-02-13 13:20
北九州市内の観光地を走り、日本陸上競技連盟及びAIMS公認コースのフルマラソン、約半分ずつを走るペアリレーマラソン、3K・5Kのファンランの種目があります。フルマラソン完走者には漫画家の松本零士デザイン、リボンは徳川家康も愛した伝統小倉織の豪華メダルがもらえます。   ※完走メダルはフルマラソンのみ   出典:www.crossroadfukuoka.jp...
Updated: 2018-01-10 09:45
良質な水と米に恵まれた福岡県の筑後・城島地区は、江戸時代中期を起源に日本酒の製造が盛ん。毎年、新酒が出来上がる2月に九州最大のお酒のイベント「城島酒蔵びらき」を開催している。例年、酒飲み比べや酒造り唄の披露など楽しいイベントが盛り沢山。酒蔵の一般開放もあり、蔵元ならではの雰囲気も味わえる。   出典:www.crossroadfukuoka.jp
Updated: 2018-01-10 09:35
織田信長も舞ったといわれる「幸若舞」は、室町時代に流行した語りを伴う曲舞(くせまい)のひとつで、越前の桃井直信(幼名・幸若丸)によって始められたと伝えられている。能や歌舞伎の原型といわれ、日本最古の舞楽として700年の伝統を持つ。明治維新後、各地の幸若舞は衰退したが大江でのみその伝統が守られ、現在では重要無形民俗文化財に指定されている。毎年1月20日に大江天満宮内の舞堂にて奉納されており、舞を見る...
Updated: 2017-12-05 11:29
年男を中心に締め込み姿の男達が真冬の冷たい川に入り、勢いよく水をかけ合い、みそぎを行う勇壮な神事。 無病息災や五穀豊穣を祈る。   出典:www.crossroadfukuoka.jp
Updated: 2017-10-16 11:48
家具の産地として知られる大川最大のイベントです。 10月初旬の3日間を通して開催され、大川産業会館と大川中央公園がメイン会場となっています。 2008年からは家具業界関係者にしか公開していなかった「大川家具 秋の見本市」を一般公開するようになり、人気を博しています。 また、大川中央公園では屋台村やフリーマーケット、親子ミニ建具製作体験教室など大人から子供まで楽しめるイベントが多数...
Updated: 2017-08-29 11:28
秋のうきはの風物語。 棚田のあぜを彩る真っ赤な彼岸花と黄金色の稲穂のコントラスト、地域の方と会話しながら盛り沢山の山の幸を楽しむ祭りです。 沿道には物産品販売所が軒を連ねます   出典:www.crossroadfukuoka.jp
Updated: 2017-08-24 09:55
夜の雰囲気の水槽で、生きものたちの様子をじっくり観察できます。入館入れ替えはなく、お昼からそのままお楽しみいただけます。 夜のイルカショーでは博多湾の夜景をバックにジャンプ。イルカたちのダイナミックな技が楽しめます。また、ライトアップされた水深7メートル、横幅24メートルの外洋大水槽を優雅に泳ぐ約2万匹のマイイワシ。キラキラと光る姿は海の中の流星群のようです。 9月の土日祝日も開催。...
Updated: 2017-06-23 08:54
今年は体感型をテーマに「五平太ばやし」「火まつり行事」「カッターレース大会」「ごんぞうレース」、花火大会など、さまざまなイベントが目白押しの祭り。 「五平太ばやし」は、かつて筑豊の石炭を運んだ五平太船の船頭たちが、流行り唄や民謡を歌っていたもので、川筋男の心意気を感じさせるノリの良いリズムが印象的だ。若松商店街周辺を五平太船を模した山車(だし)が練り歩き、樽太鼓と五平太ばやしの唄が響き渡る。最終...
Updated: 2017-06-09 09:53
旧暦の七夕にあわせて毎年8月7日に行われる夏祭り。 小郡市は、宝満川をはさんで媛社神社(通称 七夕神社)、老松神社(通称 牽牛神社)と配する地形が、中国で七夕伝説の発祥地といわれる漢水周辺の地形に似ていることから“七夕の里”として知られるようになった。当日に奉納祈願の獅子舞、午前中は子供みこしや獅子が各家を回る伝統行事が行われる。夜には多くの露店が七夕神社参道に並び、全国各地から奉納された七夕短...
Updated: 2017-06-09 09:35
夏の一大イベントで、明治通りを歩行者天国にし、昼はマーチングやストリートパフォーマンス、夜は一万人のそろばん総踊りなど、さまざまなイベントが行われる。 会場は、久留米の中心部にある明治通りや久留米シティプラザ六角堂広場など。   出典:www.crossroadfukuoka.jp

ページ