Updated: 2015-05-26 14:06
人吉温泉の起源は明治43年(1910)で、今では50数カ所に泉源があります。 泉質は弱アルカリ炭酸泉等で、しっとりとした優しい肌触りが特徴です。 球磨川沿いには、温泉旅館があり、それぞれヒノキ風呂や露天風呂、石積み風呂など趣向を凝らしています。 また、市内には気軽に入れる公衆浴場(銭湯)が20数軒もあり、今でも市民の憩いの場として多くの方が利用しています。 また、観光客が旅...
Updated: 2015-05-26 14:06
別府温泉発祥の地で浜から温泉が湧き出る様子から「浜わき」の地名が生まれた。鎌倉初期には、朝見八幡の創立、江戸時代には港町・温泉町・門前町として陸海交通の要衝で急速に発展。今でも昔風の旅館が並び、明治・大正時代の花街の名残もとどめている。 平成3年には、再開発事業の一環として、浜脇温泉と多目的温泉保養館の「湯都ピア浜脇」がつくられ、急速に現代的な顔に変わろうとしている。
Updated: 2015-05-26 14:06
湯治場として江戸時代に開かれ、その頃立石の湯から堀田温泉と呼ばれるようになった。 豊富な温泉に恵まれていた堀田温泉は、湯布院・日田あるいは太宰府等へ通じる交通の要衝であったため、長旅の疲れを癒す旅人たちの憩いの場として栄えた。今でも田んぼや谷あいから盛んに硫気が噴き出していて、豊富な温泉は市内に給湯されている。
Updated: 2015-05-26 14:06
【その1 入浴前にコップ一杯の水分補給】 発汗による水分不足の予防になります。   【その2 かけ湯(かぶり湯)】 体の汚れを洗い流し、湯の温度に体を慣らす効果があります。 特に寒い時期には、手足をぬるいお湯から徐々に暖かくしてかけ湯をしてください。 (血圧は入浴前に最大になります)   【その3 お湯への出入りはゆっくり】 特にお湯か...

ページ

九州といえば、いくつもの火山が活動し良質な温泉が数多く存在する温泉大国です。身近な所に特色ある人気の温泉地がたくさんあります。『日本の温泉100選』ランキングの中にも、湯布院、黒川、別府、指宿温泉等上位を占めています。