絞り込み条件

Updated: 2015-05-23 17:05
浄光寺です。別名ふじ寺と呼ばれゴールデンウイークまでくらいはふじの花の見ごろが続きます。道の駅宗像のすぐ近くなので帰りに立ち寄ってはいかがでしょう。
Updated: 2015-05-23 16:51
鹿児島市の一番の繁華街天文館通りを通り抜けて、城山の下に堂々とした西郷隆盛の銅像があります。明治維新三傑の一人で最大の功績を残し、今でも,郷土の英雄として人気のある「西郷どん」です。東京上野公園にある銅像のイメージとは違いますが、わが国初の陸軍大将の制服姿で、城山を背景に仁王立ちする高さ8メートルの堂々たるモニュメントです。本体5.76メートル、土台1.21メートル、築山7.27メートル。 【協力...
Updated: 2015-05-23 16:51
鵜戸崎突端、鵜戸神宮の本殿は、海に面した断崖の洞窟の中にあり、祭神は神武天皇の父ウガヤフキアエズノミコト。縁結びの神として知られています。 「しゃんしゃん馬道中」 大正の初め頃まで、宮崎(宮崎市を中心とする地域)の新婚夫婦が「鵜戸さん参り」をする風習がありました。参拝を終えたふたりを、親族が鈴で飾った「しゃんしゃん馬」を引いて出迎え、花嫁をに乗せて連れて帰ります。現在では宮崎市や日南市のイベントで...
Updated: 2015-05-23 16:51
丸尾温泉から霧島神宮に向かう国道223号線の道沿いにある高さ23メートル、幅16メートルの豪壮華麗な滝です。近くの林田温泉、硫黄谷温泉の温泉水を集めて流れる珍しい“湯の滝”で、四季折々さまざまな風景を楽しむことができ、山峡に豪快な音と飛沫を上げて落下する乳青色の滝は、その色だけでも独特の雰囲気を漂わせています。ライトアップされた夜は、さらに幻想的な表情を見ることができます。 【協力:鹿児島県観光交...
Updated: 2015-05-23 16:51
七ツ釜は玄武岩でできた溶岩台地で、永い永い時間、波の絶え間ない浸食により七つの洞窟を形成したものである。 国の天然記念物に指定されています。 海から遊覧船で洞窟の中まで見学することができます。
Updated: 2015-05-23 16:51
  1. 飫肥城
飫肥藩5万7千石の城跡。苔むした石垣、大手門前の広い石段・堀跡・武家屋敷等が昔を偲ばせてくれます。松尾の丸や大手門は銘木飫肥杉で復元造営されています。飫肥城を中心に、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。 「提供:宮崎市観光協会」
Updated: 2015-05-23 16:51
池田湖は,周囲15km・水深233mの九州最大のカルデラ湖です。湖水は藍色に澄み,薩摩富士と呼ばれる開聞岳が望めます。体長2m・胴回り50cmの大うなぎが棲息しており,幻の怪獣「イッシー」の湖としても有名です。
Updated: 2015-05-23 16:51
平成5年に世界自然遺産に「屋久島」が登録されました。九州最高峰の宮之浦岳がそびえる屋久島の森では、標高500メートルを超えると杉林が見られ、屋久島に自然の状態で育っている杉は屋久杉と呼ばれます。島では樹齢千年以上の高齢杉を特に屋久杉と呼びます。 縄文杉は、確認されている屋久杉の中でも最大級の老大木として有名です。屋久島の厳しい自然を生き抜いてきた証が刻まれているようで、見る者を圧倒します。屋久島の...
Updated: 2015-05-23 16:50
嬉野温泉街から車で数分の所にある轟の滝。水の流れ落ちる音が、雷が轟くようであることから、この名前が付いた。 嬉野川にある高さ11mの三段の滝。周辺は散策路や公園として整備されている。春には桜の名所として、また夏には天然の涼を求め大勢の人が訪れる。
Updated: 2015-05-23 16:50
壮大なカルデラは、南北24キロ、東西18キロに及び、ゴツゴツした溶岩の岩肌が周囲4キロにわたって広がっています。カルデラ内の中央にそびえる阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳)の中で、白い噴煙を上げながら現在も活発な活動を続けている中岳。世界最大級のこのカルデラにある中岳は、直径600m・深さ130m・周囲4キロの巨大な噴火口でダイナミックな風景と生きている阿蘇を堪能できます。火山活動が...

ページ