絞り込み条件

Updated: 2015-06-04 15:17
  1. 神楽女湖
湖周1kmの湖で、6月上旬~7月上旬の期間には、80種30万本(1万5千株)の色とりどりの菖蒲の花が咲き誇り、その華麗な姿と周囲の自然とが調和して作られたロケーションは抜群である。 また期間中に野点などの様々なイベントを行なう鑑賞会も開催され、多くの人々で賑わう。
Updated: 2015-06-01 14:21
久留米森林つつじ公園。4月後半~5月連休までが見頃。
Updated: 2015-06-01 13:26
那珂川と博多川に囲まれた長さ約1キロ、幅約200メートルの細長いエリアです。 中洲の誕生は、福岡藩の初代藩主黒田長政が福岡築城のため福岡の町づくりを行う際、武士の町「福岡」と町人の町「博多」をつなぐため那珂川に土砂を積み橋を架けたのがはじまりと言われています。 当初は畑でしたが、明治になり、電灯会社や電話局が開設され、その後、劇場が立ち並び、大正時代には映画館が次々と建てられ繁華街として発展しまし...
Updated: 2015-05-26 09:57
  1. 鵜戸神宮
鵜戸崎突端、鵜戸神宮の本殿は、海に面した断崖の洞窟の中にあり、祭神は神武天皇の父ウガヤフキアエズノミコト。縁結びの神として知られています。
Updated: 2015-05-23 17:15
薩摩半島の最先端に突き出た岬です。岬の西方には弓なりの砂浜が続き,その端に開聞岳がそびえ立っています。天気のいい日には,南の洋上に屋久島・竹島・硫黄島を望むことができます。遊歩道の一角には,篠原鳳作の句碑が建っています。隣接する赤水鼻はソテツ自生の北限地とされ,国の特別天然記念物に指定されています。
Updated: 2015-05-23 17:07
南大隅町の根占地区を流れる雄川上流にある落差46m、幅60mの滝です。 駐車場から滝つぼまでは、約1,200mの遊歩道があり、渓流の音に癒されながら自然と一体になれる癒しのスポットです。 勾配のある遊歩道ですので、トレッキングができるような服装をおすすめします。また、滝つぼでの遊泳はできません。 【協力:鹿児島県観光交流局観光課】
Updated: 2015-05-23 17:07
  1. 高千穂峡
阿蘇山の噴火で流れ出した溶岩を五ヶ瀬川が浸食してできた美しい高千穂峡です。
Updated: 2015-05-23 17:06
隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺望。 万座毛とは18世紀初頭の琉球王尚敬(しょう・けい)がこの地を訪れたときに「万人を座するに足る毛」と称讃したのがその由来。「毛」とは沖縄のことばで「原っぱ」のことをいいます。その名の通り、天然芝があたり一面に広がり、そのまわりの植物群落は、県の名勝に指定されています。隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺...
Updated: 2015-05-23 17:06
沖縄本来の森や山々の自然、美しいランの花々がテーマの自然植物園。 うるま市にあるビオスの丘は、巨大なシダが生い茂る森、野鳥や昆虫が集まる水辺、自然のままに育まれるランの花々と、濃厚な亜熱帯の森が広がっています。 散策路を歩いたり、湖水観賞舟に乗って豊かな自然を満喫できます。湖水観賞舟は、約1kmの湖の水路を25分間で運航するジャングルクルーズ。船長が、湖畔の植物や花々、小動物などについて楽しくガイ...
Updated: 2015-05-23 17:06
江戸中期に造られた7つの庭園は、国の名勝に指定されています。その他母ヶ岳を借景とした武家屋敷の通りなど、散策すれば、江戸時代にタイムスリップした気分に。 【協力:鹿児島県観光交流局観光課】

ページ