絞り込み条件

Updated: 2018-02-07 14:21
鹿児島県と宮崎県の県境近くにある「溝ノ口洞穴」。霧島山系の湧き水が浸食し、数千年の長い年月をかけて作られたといわれる岩穴は、横13.8m、高さ8.6m、全長が224mといわれ、洞穴内には縄文時代人の生活跡もあり、当時の生活を知る上でも重要です。 昭和30年に県の天然記念物に指定され、近年はパワースポットとして注目を集めています。「本物の旅かごしま」より
Updated: 2018-02-07 14:19
7つの外輪山に囲まれた静かな池。直径約1km。最深は約3.5m。 周囲約4kmの湖畔には梅や桜などの並木があり、春には約2,000本の桜が咲き、秋は紅葉と楽しむことができます。池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、低層湿原でこれだけ見れるのは極めて珍しいことから1921年3月3日に「藺牟田池の泥炭形成植物群落」の名称で国の天然記念物に指定され2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地...
Updated: 2018-02-05 14:35
殿の構造や二基の並列鳥居が珍しい神社です。対になっている鳥居が縁結びにご利益があると言われているそうで、近年カップルに人気が高まっている神社です。左の鳥居から入って、右の鳥居から出る習わしもあるそうです。「旅のかごしま」より
Updated: 2018-02-05 09:37
高伝寺(こうでんじ)は梅の名所として名高く、紅梅、白梅の開花時期(梅の見頃2月)にはたくさんの見物客で賑わいます。 樹齢400年といわれる紅梅「霊徳寿梅」(れいとくじゅばい)も咲き誇り、訪れる人の目を楽しませています。 代々鍋島家の菩提寺として知られ、 歴代藩主の石碑や献灯が整然とならび壮観です。 高伝寺には日本に二幅しかないという大涅槃図があり、毎年4月19・20日に行われる釈...
Updated: 2018-02-05 09:35
毎年2月中旬から3月中旬にかけて約400本の梅の木に花が咲き、園内には甘い梅の香りが立ち込めます。 例年2月下旬から3月中旬までの観梅期間中は接待所が設けられ、湯茶のサービスのほか、梅干し、梅もち、甘酒、かりんとうなどの販売が行わます。
Updated: 2018-01-15 13:09
首里城跡など世界遺産に指定された歴史的文化財 首里城(しゅりじょう)公園は首里城正殿を中心とした有料区域と無料区域の城内、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、円覚寺(えんかくじ)跡、弁財天堂(べざいてんどう)といった周辺文化財からなる公園です。 一般駐車場のある首里杜館(すいむいかん)はレストセンターとなっており、公園内の案内やレストラン、売店があり観光の休憩所と...
Updated: 2018-01-11 09:34
太宰府市の北東にそびえる宝満山は、古くから神の宿る山として崇められ、平安時代には唐に留学する最澄が渡航の安全を祈った所としても有名。山麓には寺が建てられ、多くの僧や山伏がいたが、戦国時代の戦乱で衰退し、山中にわずかに残る石仏や堂跡に昔がしのばれる。現在は山頂と麓に竈門神社が祀られている。四季折々美しく年中登山者が多い。四王寺山とともに九州自然歩道のコースに指定されている。  ...
Updated: 2018-01-11 09:31
太宰府市の北東にそびえる宝満山は、古くから神の宿る山として崇められ、平安時代には唐に留学する最澄が渡航の安全を祈った所としても有名。山麓には寺が建てられ、多くの僧や山伏がいたが、戦国時代の戦乱で衰退し、山中にわずかに残る石仏や堂跡に昔がしのばれる。現在は山頂と麓に竈門神社が祀られている。四季折々美しく年中登山者が多い。四王寺山とともに九州自然歩道のコースに指定されている。  ...
Updated: 2018-01-10 14:42
1~2月頃に寒気が続くと、雨や雪解け水が山肌をつたいながら凍ってつららができ、全長約20mに渡って連なるつららの集合体は美しい氷瀑のような姿を見せてくれます。 一本松公園(昭和の森)駐車場~河原谷の大つらら(通称:難所ヶ滝)~一本松公園(昭和の森)の歩行時間は約2時間半。標高724m付近、約5.8km。   出典:www.crossroadfukuoka.jp
Updated: 2017-10-16 11:45
宝くじが当たる神社として有名な宝当神社(ほうとうじんじゃ)は、佐賀県唐津市の唐津城の北方約2kmの唐津湾上に浮かぶ島、高島にある神社です。 ある住民が宝くじを購入した際、神社名にあやかりこの神社に当選を祈願したところ高額当選した事をきっかけに、「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」という評判が立つようになりました。

ページ