絞り込み条件

Updated: 2017-10-16 11:53
大分県日田市は「日田杉」で有名な下駄の三大産地として知られ、古くから下駄(げた)の製造を行っている工場が開設した下駄の直売所兼資料館です。 全国各地から集めたいろいろな下駄を見ることができます。 杉の下駄としては日本一の大きさを誇る超巨大下駄が展示してあります。 高さ4m以上、幅2m以上、重さは約1,000kgの下駄です。
Updated: 2017-10-16 11:52
福岡市の六本松地区再開発に伴い「六本松421」が完成し、2017年10月1日オープンした福岡市科学館は、子どもたちを始め市民が科学を体験し、楽しむことを通じて、自由かつ自発的に学習することを支援するとともに、福岡の人及び資源との連携、福岡の将来を担う人材を育成、市民の文化教養の向上への寄与を目的とする施設です。
Updated: 2017-10-16 11:46
志免鉱業所竪坑櫓(しめこうぎょうしょたてこうやぐら)は、福岡県粕屋郡志免町にある「志免炭鉱」の遺構です。 竪坑櫓は、昭和18年5月10日に竣工し、鉄筋コンクリート製の建造物で高さは52.7mあり、地下430mまである垂直な坑道で鉱夫や石炭、資材の搬出入をしていました。 近代建設技術史上価値が高いものとして、国の重要文化財に指定されている。 現在、周囲は運動公園として整備されている...
Updated: 2017-10-16 11:39
鏡山の麓に佇む白壁造りの温泉館。地下1,600mから汲み上げる温泉は、鉄分やラドンを含む良泉です。 生け簀を配した食事処では新鮮な魚介料理を提供しています。
Updated: 2017-10-16 11:38
鎖国時代から西欧に唯一開かれた窓口として栄えた長崎。 その街の様子や、出島で行われたオランダとの貿易など長崎ならではの海外交流の歴史や文化を、身近に学ぶことができます。 また、長崎奉行所を当時の資料をもとに、一部を復元した世界的にも大変ユニークな博物館です。
Updated: 2017-10-16 11:32
福岡都市圏をはじめ全国各地に供給される魚介類が大集合してくる鮮魚の卸売市場、新鮮な海の幸で知られる博多の台所と呼ばれています。 ビルの中には、「魚っちんぐプラザ」など楽しく学べる施設があり、こちらでは福岡市鮮魚市場の1日や、日本で獲れる魚の漁法などを教えてくれる。 また、新鮮な魚介類がいただける食事処も充実しています。
Updated: 2017-09-25 17:21
白鳥温泉上湯(うえゆ)は、征韓論に敗れた西郷隆盛が心身を癒しに訪れ、3ヶ月間逗留したという歴史ある温泉です。 えびの高原から県道30号を市街地に向けて下る途中にあります。情緒豊かな木製の天然蒸し風呂や木の香漂う風呂の数々は昔懐かしい風情を醸し出します。 白鳥温泉下湯(したゆ)は、えびの高原から県道30号線を市街地に向けて下る途中、白鳥温泉上湯より少し下ったところにあります。 自然...
Updated: 2017-09-21 11:00
阿蘇お猿の里 猿まわし劇場は「周防猿まわしの会」専用の大劇場です。 阿蘇猿まわし劇場は、観光名所である世界最大級のカルデラに囲まれた阿蘇山の麓、南阿蘇に位置し、阿蘇ならではの大自然を体感しながら観光出来る劇場です。かわいいお猿さんの名演技を、底抜けに楽しく感動と癒しの舞台で間近で見る事ができます。
Updated: 2017-09-19 14:13
“鰻の寝床”とは、古い町家に見られる、間口が狭く奥行きが深い建物のスタイル。白壁の町並みで知られる八女福島の古民家に生まれた『うなぎの寝床』は、地元・八女の伝統工芸や筑後・九州の手仕事のアンテナショップかつ情報発信基地です。
Updated: 2017-09-08 09:53
歴史的要素が残る日出城址周辺は、別府湾を一望できる景色の素晴らしい日出町の代表的観光資源です。そんな日出城址周辺の観光交流拠点として、「二の丸館」が完成しました。館内には観光案内所をはじめ、軽食喫茶店、物産・土産販売コーナー、駐車場、トイレなどを完備。ここを拠点にして城下町散策をしていただくことができます。   出典:www.visit-oita.jp

ページ