絞り込み条件

Updated: 2016-11-01 15:12
日本三大中華街。長崎中華を食べるならここ! 唐船専用の倉庫を建てるために埋め立てられた新地でしたが、今では日本三大中華街のひとつとなっています。あわせて約250メートルの十字路で、東西南北全ての入り口に中華門が立ち、通りには中華料理店等が軒を連ねています。 また秋の中秋節では、黄色の満月燈籠が、冬のランタンフェスティバルでは赤色のランタン(中国提灯)が通りを彩り、異国情緒ただよう幻想的な世界に街を...
Updated: 2016-10-31 14:37
旅人と市民の交流プラザとして、太宰府周遊の情報基地として活動しています。 九州の特産、物産コーナー設置しており、来訪者や市民とのにぎわいが生まれています。
Updated: 2016-10-31 10:50
杵築の観光拠点であり、杵築の特産品が勢ぞろいする場所でもある。 人気が高いのはちりめんといった海産物、あらめカレイの佃煮などの加工品、椎茸などの農産物、きつき茶やきつき紅茶、竹製品、あるいは地元造り酒屋の日本酒や焼酎、リキュール類などの地酒も豊富に揃う。 隣接するレストランでは杵築の魚介を中心として郷土料理を楽しむことができ、販売コーナーの一角には「菜の花きつきコーナー」があり、コーヒーな...
Updated: 2016-10-31 10:34
  その名前にわざわざ“城下町”と記されるほど、城下町杵築の魅力をわかりやすく、そして興味深く紹介しているのがこの「きつき城下町資料館」です。杵築城下の模型や先人たちの残した貴重な文化財を収集保管、調査、研究し、展示することで広く紹介しています。 1階ロビーには、天神まつりに使われている御所車、展示室にはサンドイッチ型城下町の町並みがよくわかる立体模型があります。...
Updated: 2016-10-28 13:35
昭和ロマン蔵は、大分県でも有数の豪商であった野村家の蔵を改装した、昭和の懐かしさに出会える博物館です。 昭和のおもちゃ約6万点と日本有数規模を誇る「駄菓子屋の夢博物館」や昭和の生活体験ができる「昭和の夢町三丁目館」の他、「昭和の絵本美術館」や旬の食材を味わえる和風レストラン「旬彩南蔵」など、昭和の町観光の拠点施設になっています。 全て屋内施設のため雨の日でも安心して楽しむことができます。...
Updated: 2016-10-27 17:38
香蘭社は、明治期に深川栄左衛門によっていち早く有田焼の新たな用途開発と輸出に乗り出し、有田を代表する創業130年の窯元です。 2階には、宮内庁御用品をはじめとする香蘭社の歴史に残る古磁器を集めたギャラリー、陶磁器・古陶磁器美術館が併設されています。 有田焼創業400年にもなりますが、毎年5月のゴールデンウイークの時期は、恒例の有田陶器市で多くの陶器フアンが押し掛けます。香蘭社をはじめと...
Updated: 2016-10-27 09:56
  1. 福岡タワーのイルミネーション
福岡市百道(ももち)浜にある234mのランドマーク(電波塔)、日本一高い海浜タワーです。一気に123mの展望台までエレベーターで登ると、福岡の市街地や遠くの山々や博多湾を一望できます。福岡ドームもすぐ下に見えます。360度の大パノラマには感動です。クリスマスや七夕四季に合わせて様々なイルミネーシヨンが点灯され、一大風物詩になっています。また、タワーの上層部には恋人たちが南京錠を掛けられるスペースも...
Updated: 2016-10-24 16:47
「「ゆうステーション」は、町特産の木材を主体構造(木造立体トラス構法)とし、ガラス窓をふんだんに配置した、逆台形の特色ある建物である。 出典元:wikipedia
Updated: 2016-10-24 16:29
  かつて東洋と西洋の接点としてキリシタン文化の華が咲き乱れた天草も、やがて苦難の時代へ。このサンタマリア館には、キリシタン衰史を物語る数々の資料が展示され、訪れた人々を昔日へと誘う。 館内には、日本中のめずらしい徳利(600本)や、天草土(どろ)人形が展示されている。   出典元:天草宝島観光協会  
Updated: 2016-10-21 13:14
福岡市の郊外、筑紫平野のほぼ中央にあるゴルフ場。美しい自然に囲まれ、プレーとともに四季の移り変わりを楽しめる。全体的になだらかな起伏がある丘陵コースだが、ホール自体はフラットでフェアウェイの幅もたっぷり。初心者でも安心してプレーすることができる。また、レストランやショップも充実。優れた環境の中でゴルフを満喫しよう。   出典:www.crossroadfukuoka.jp

ページ