Updated: 2015-05-26 14:01
塩を入れた小麦粉を練り上げ薄く延ばしただんごを、食材のたくさん入った味噌仕立ての汁に入れて食べる料理。
Updated: 2015-05-26 14:01
大陸伝来の手延べうどん、手打ちそば、半島に根付いた湧水そうめんを味わおう! 島原手延そうめんは、延ばしとねかしを繰り返しながら麺を極細に引き延ばしていく伝統の手延べ製法で仕込まれます。じっくりと時間をかけて熟成させることで生まれる、強いコシとなめらかな口あたり。麺自体の味をより深く楽しむならぜひ夏の島原で、しかもそうめん流しで。島原手延そうめんは仕込みから湯がき、その後の流水による洗いしめま...
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. 完熟マンゴー
宮崎の空の下、太陽の光をいっぱいに浴びて育った完熟マンゴー。「太陽のタマゴ」とも呼ばれている果物の王様で、甘味、香りともに優れています。そのまま冷やしてお召し上がりください。 「提供:宮崎市観光協会」
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. 日向夏
果実のまま、冬を越す夏みかんがあるのも暖かい宮崎ならではです。 日向夏は、江戸の文政年間、宮崎市の庭先に育っているのを偶然に発見されて広まった生粋の宮崎生まれ。 外皮をうすくむいて、白皮をそのままにして、そぐように切ると、その中には柔らかい果肉とたっぷりの果汁が詰まっていて、すばらしい香りが広がります。ふわふわとした白い皮も食べられます。 種なしの品種も開発され食べやすさもぐんと増しました。 「提...
Updated: 2015-05-26 14:01
黒豚しゃぶしゃぶは料理であって調理にあらず、と語る人がいます。確かに、この調理法が黒豚の旨味を際立たせます!
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. 肉巻きおにぎり
おにぎりを、秘伝のタレで味付けをした豚肉で巻き、香ばしく焼き上げた、宮崎発祥の新感覚おにぎり。 一見、焼いたお肉を巻いただけのおにぎりに見えますが、食べてみると、秘伝のタレに漬け込まれた豚肉とおにぎり、そして薬味が絶妙なバランスを醸し出し、美味しさが口いっぱいに広がります。 様々なトッピングもあり、子供から大人まで幅広く愛されている宮崎の新しい「うまいもの」です。 「提供:宮崎市観光協会」
Updated: 2015-05-26 14:01
温泉の噴気を利用して海、山の幸を蒸し上げて食べる別府独特の料理方法で高温の蒸気で一気に蒸し上げるため食べ物の素材本来の味が引き出され美味しく食べることができる
Updated: 2015-05-26 14:01
雄大な自然で育った平戸和牛は、特にそのやわらかさが特徴。市内の焼肉店やお寿司屋さん、カフェなどではさまざまな平戸和牛メニューを用意しています。夏場には、平戸和牛を含めた旬の魚や野菜など、平戸のじげもん(地元もの)が味わえる食のイベント「平戸じげもんまつり」も開催されます。 【提供:長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」より】
Updated: 2015-05-26 14:01
茹でたレンコンに、味噌と粉辛子と蜂蜜を混ぜた辛子味噌を隙間なく詰め込み、衣を付けて油で揚げた、熊本の代表的な郷土料理です。病弱だった細川忠利に禅僧・玄沢和尚が栄養価が高い蓮根を食べるようにと、献上したのが始まりといわれています。 さらに輪切りにした切り口が細川家の家紋「九曜紋」に似ていることから、門外不出の味となりました。鼻にツンとくる辛子の香りと、レンコンの食感が何とも言えない美味しさです。「熊...
Updated: 2015-05-26 14:01
  1. 宮崎牛
南国宮崎の温暖な気候のもとで育まれ、厳選した品質のものを「宮崎牛」としてお届けしています。 衛生的に処理された「宮崎牛」は、アメリカや香港にも輸出され、「美味しさ」と「安全性」で高い評価を受けています。 「提供:宮崎市観光協会」

ページ

ラーメン天国九州。また、海の幸、山の幸、九州の大自然の中で愛情いっぱいに育てられた和牛等、各地の美味しいグルメ情報を探し求めて九州をひとめぐりしてみましょう。