戦後日本美術史を代表する洋画家。1911(明治44)年、山口県大津郡三隅村(現・長門市三隅)に生まれる。第2次世界大戦後のシベリヤ抑留の体験をもとにした57点の油彩からなる《シベリヤ・シリーズ》が代表作。 『ここが〈私の〉地球だ』と言ってふるさと三隅をこよなく愛した香月は、生涯故郷を離れることなく人間愛と平和をテーマに創作活動を続けました。

兎1939年 香月泰男  トビ魚 1951年 香月泰男

      兎 1939年             トビ魚 1951年

ハムとトマト 1953年 香月泰男  

   ハムとトマト 1953年           帽子の中のトマト 1954年

1979年(昭和54) 山口市に山口県立美術館開館。寄贈作品の常設展示室「香月泰男記念室」が設けられた。

営業時間・休日: 

 開館時間:午前9時から午後5時

 休館日:毎週火曜日

料金: 

   一般  500円 
   小中高生200円
   未就学児 無料

駐車場情報(有無と料金): 

 あり

その他: 

長門市には、4つの文化施設金子みすゞ記念館,香月泰男美術館,くじら資料館,村田清風記念館ある。
4館で入館料が700円(一般)

山口県長門市三隅中226
759-4101
Phone0837-43-2500

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人