三隈川の流れる日田盆地に開けた日田は、江戸時代には幕府直轄の天領地として日田代官所が置かれた城下町です。

夏には鵜飼いがおこなわれる情緒あふれる街で「九州の小京都」と言われています。

江戸時代日田には多くの御用商人がいましたが、これらの商家が集中していたのが豆田町です。

今でも、県内最古の商家や蔵屋敷が建ち並んでおり、日田一番の観光名所となっています。

豆田町では2月中旬~3月末日には“天領日田おひなまつり”が行われ、旧家に代々伝わる歴史をしのばせる雅やかな雛たちが一挙に公開されます。

営業時間・休日: 

自由散策

駐車場情報(有無と料金): 

近くに無料駐車場あり

その他: 

豆田町商店街ホームページ:http://www.hita-mameda.jp/

毎年7月には、日田祇園祭開催

(日田祇園祭は2016年ユネスコ無形文化遺産に登録されました)

毎年10月の第三土曜、日曜には、近くの月隈公園で“日田天領まつり”が行われます。

大分県日田市豆田町
877-0005

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人