Updated: 2018-12-27 11:48
 横武クリーク公園は、6haにおよぶクリークを生かした公園です。   この公園は、昔ながらのクリークをそのままに残した状態で整備されています。公園の中には、佐賀平野でしか見ることのできない「くど造り」の民家が復元されています。5~6月頃には、菖蒲の花も楽しめます。   公園内のクリークではヘラブナが放流されていて釣りも楽しめます。また、この公園は...
Updated: 2018-08-16 10:45
鹿児島市の中心部より北西に約12km、標高180mの、東に鹿児島のシンボル桜島を眺望できる恵まれた自然環境の中にある都市農業センター。 面積が約8,000平方メートルある大花壇「四季の花園」では 主に、年に3回、季節の花を植裁しています。春は「菜の花」、夏は「ジニア(百日草)」、秋は「コスモス」などが咲きます。 [かごしまの旅」より  
Updated: 2018-07-31 14:13
九州一の修業道場として知られる臨済宗の寺で、久留米藩主有馬氏の菩提寺でもある。その藩主廟や藩主一族の墓もあり、方丈前には見事な石庭もあり、広大な境内は整然とした雰囲気が漂う。隣接する外苑は梅林になっている。   出典:www.crossroadfukuoka.jp
Updated: 2018-07-31 14:13
筑前52万石の領主・黒田長政が築いた福岡城跡で、総合グラウンドや各種スポーツ施設が併設されている公園。2月の梅の開花に始まり、6月のアジサイの期間まで、それぞれに桜、牡丹、藤、つつじ、芍薬、蓮、山茶花、花菖蒲など、四季折々、様々な花が咲きそろい、訪れる人の心を和ませている。開花情報は園内の掲示板に書いてあり、憩いの公園として多くの人々に利用されている。   出典:www.cr...
Updated: 2018-05-30 16:54
本渡の市街地を見渡すことのできる、高台の本戸跡に作られた公園です。ここは、もと天草氏の居城・本戸城の跡で、天草・島原の乱の戦没者を奉る千人塚、天草にキリスト教を布教したアダム荒川の碑もあります。また、近くには「天草キリシタン館」もあります。春は桜の名所として知られています。
Updated: 2018-02-07 14:19
7つの外輪山に囲まれた静かな池。直径約1km。最深は約3.5m。 周囲約4kmの湖畔には梅や桜などの並木があり、春には約2,000本の桜が咲き、秋は紅葉と楽しむことができます。池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、低層湿原でこれだけ見れるのは極めて珍しいことから1921年3月3日に「藺牟田池の泥炭形成植物群落」の名称で国の天然記念物に指定され2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地...
Updated: 2018-02-05 09:35
毎年2月中旬から3月中旬にかけて約400本の梅の木に花が咲き、園内には甘い梅の香りが立ち込めます。 例年2月下旬から3月中旬までの観梅期間中は接待所が設けられ、湯茶のサービスのほか、梅干し、梅もち、甘酒、かりんとうなどの販売が行わます。
Updated: 2018-01-15 13:09
首里城跡など世界遺産に指定された歴史的文化財 首里城(しゅりじょう)公園は首里城正殿を中心とした有料区域と無料区域の城内、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、円覚寺(えんかくじ)跡、弁財天堂(べざいてんどう)といった周辺文化財からなる公園です。 一般駐車場のある首里杜館(すいむいかん)はレストセンターとなっており、公園内の案内やレストラン、売店があり観光の休憩所と...
Updated: 2017-12-04 14:16
唐津市厳木(きゅうらぎ)町、知る人ぞ知る紅葉の名所「環境芸術の森」です。作礼山の斜面を利用して造られ、広さは約13万平方メートル。植樹された木々は1万本を超えます。
Updated: 2017-10-25 17:00
篠栗九大の森は、九州大学の敷地(九州大学福岡演習林)の西端にあり、篠栗町と九州大学が共同で整備、管理を行っています。 約17ヘクタールの「森」には、スダジイ、アラカシ、タブノキ、クスノキ、ヤマモモなど約50種の常緑広葉樹と、コナラ、ネジキ、ハゼノキなど約40種の落葉広葉樹が生育しています。 また、蓮田池の近くの「水辺の森」には湿地や水に浸かる場所でも生育できる「落羽松(ラクウショウ...

ページ