Updated: 2017-04-05 13:33
  名古屋市熱田区にある神社。三種の神器(鏡・玉・剣)~日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物の一つである、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られる。 最近では、パワースポツトとしても注目を浴びています。あの織田信長も必勝祈願してから出陣したとされ、勝利のお礼に「信長塀」を寄進したとされ現在も残っており、歴史を感じさせる格式の高い神社です。
Updated: 2017-04-04 13:58
天平13(741)年、仏教中心の国づくりを進めた聖武天皇の勅願により建立。 国力を注いだ事業である大仏鋳造は3年をかけ、天平勝宝4(752)年、開眼供養会が盛大に営まれた。 治承4(1180)年、平重衡の南都焼き討ちによって大半の堂塔が焼失したが、重源の勧進で復興。 しかし、永禄10(1567)年に松永久秀の兵火にかかり、再焼失した。 現在の寺観は、江戸中期までに整えられた...
Updated: 2017-03-31 13:34
  亀の上に乗った長崎観音の高さは18メートル、35トンもあります。この観音様は正式には「万国霊廟長崎観音」と言って、原爆の犠牲者を弔うため、世界平和を祈るために1979年に建立されました。右手で乾きに苦しむ被害者に甘露の水を与え、左手で安らかに眠りなさいと念じていらっしゃいます。亀に乗っているのは、亀が仏様のお使いだから。また万年も生きるという亀はどんなに長い時間かかっても願いを...
Updated: 2017-03-13 14:03
「日本書紀」にも記載される芦屋地方の産土神社です。 故事により、厄除・身代わり(ひとがた)・交通安全の神として信仰を集め、毎年4月29日には、伝統行事の人形感謝祭が行われます。 境内には、明治神宮外苑と同じ親木の「なんじゃもんじゃ」の木が大小200本近く植えられています。4月下旬~5月下旬には、雪が積もったような純白の花を咲かせます。 宮司邸内にある「千光院大蘇鉄(福岡県天然記念物)」は「島...
Updated: 2017-02-15 14:33
  高千穂郷八十八社の総社で、約1,900年前の垂仁天皇時代に創建された神社です。 本殿と所蔵品の鉄造狛犬一対は国の重要文化財に指定されています。 主祭神は高千穂皇神と十社大明神で、特に農産業・厄祓・縁結びの神をして広く信仰を集めています。 毎日午後8時~午後9時まで、境内の神楽殿において高千穂神楽が奉納されます。 三十三番の神楽の中から代表的な4番「手力雄の舞」「鈿女...
Updated: 2017-02-14 10:47
大宝2年(702)の建立と伝えられる気比神社は市民には、「けいの明神さん」の愛称で親しまれる北陸道の総鎮守。 高さ109mの大鳥居(重要文化財)は、木造として厳島神社(広島)、春日大社(奈良)と並ぶ日本三大鳥居の一つです。  
Updated: 2017-02-08 15:05
様々な苦労困難を乗り越えられ、日本にやって来た唐僧、鑑真和上によって唐招提寺は建立されました。今までなかった受戒のために戒壇院を東大寺にもうけた後、この唐招提寺に移ります。また、南都六宗の一つである律宗の総本山です。 奈良時代建立の金堂,講堂が、天平時代の息吹きを伝える貴重な伽藍となっています。 6月下旬~7月にかけて蓮の花の開花時期は、とても美しく見頃です。 「古都奈良の文化財...
Updated: 2017-02-06 15:51
  法相宗の大本山として知られる興福寺、最盛期には寺の建物が175もあった大寺です。 有名な五重塔を始め東金堂、天平彫刻の代表とされる有名な阿修羅像を安置する国宝館があります。 年間を通して、薪能や弁財天祭など様々な行事が催され、古来の日本文化を伝える伝統が継続されています。 画像提供:「奈良公園クイックガイド」より
Updated: 2017-01-27 09:34
瑠璃光寺は、山口市香山町にある曹洞宗の寺院です。戦国大名の一人大内氏全盛の大内文化を伝える寺院であり、また西ノ京山口を代表する観光スポツトです。特に,五重塔は国宝に指定されており、高さは31mの塔で、ひだ葺きの屋根の勾配に特長がありとても美しい姿です。    
Updated: 2017-01-25 16:36
小蔵寺は、少なくとも『筑前国続風土記』の書かれた元禄期までは、現在の白糸の滝より2kmほど降った 熊野神社付近にあったようである。 熊野神社の本堂右手には観音堂(建物は近年建築されたもの)が今でもある。 『背振山系の山岳霊場遺跡』資料集によれば、 その観音堂には室町時代の制作と思われる一対一具の木造観世音菩薩立像と 木造勢至菩薩、木造如来形立像、江戸時代の阿弥陀如来坐像などが安置されて...

ページ