久留米藩主や夏目漱石も愛した桜の名所。

 

古(いにしえ)から桜の名所で、久留米藩主の花見の場所だった。文豪夏目漱石もここを訪ね、「松をもて囲ひし谷の桜かな」と詠んだ。春は山肌が白くかすむほどの名所となっている。また、夏は山の緑や涼を求め、発心川の谷で遊ぶ事ができ、秋はもみじ谷の紅葉が見事だ。

 

発心公園は現在の九州の人気お花見スポットランキングの中で第1位です。

 

花見特集2016より)

 

JR筑後草野駅
徒歩
約20分
発心公園
JR・西鉄天神大牟田線久留米駅
バス
徒歩
約10分
発心公園
西鉄バス(25番)利用「草野上町」下車
九州道久留米IC
車、タクシー
約20分
発心公園
国道210号経由
営業時間・休日: 

開園・閉園時間:24時間

定休日:無休

料金: 

無料

駐車場情報(有無と料金): 

あり

その他: 

お花見情報

例年の見頃: 3月下旬 ~ 4月上旬

夜桜観賞: なし

桜祭り: なし

売店: なし

ビール販売: なし

日本酒販売: なし

公衆トイレ: あり

 

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人