Updated: 2017-05-22 14:48
野生の猿が冬場に温泉に入るTVコマーシャルで一躍有名になった地獄谷野猿公苑は、野生のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園。長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある。 1998年の長野冬季オリンピックの際は選手、大会関係者、報道関係者等、世界中からの人々が大勢訪れ、話題となり、広く世界中に知られるところとなりました。
Updated: 2017-05-17 17:41
  「牛に引かれて善光寺詣り、遠くとも一度は訪れ善光寺」と言われる、長野市にある寺院。 歴史は古く、本尊の阿弥陀三尊像(一光三尊阿弥陀如来像)を安置する。1953年に国宝に指定された。現存する本堂は宝永4年(1707年)の竣工。 七年に一度の御開帳には、金銅阿弥陀如来及両脇侍立像(前立本尊)が絶対秘仏の本尊の分身として公開され、全国から参拝者が訪れる。 平成10年...
Updated: 2017-05-17 17:04
岩松院は、長野県上高井郡小布施町雁田にある曹洞宗の寺院。山号は梅洞山。本尊は釈迦如来。 葛飾北斎が本堂の天井に描がいた「八方睨み鳳凰図」があり葛飾北斎晩年最大の作品です。また、戦国武将・福島正則の霊廟や、俳人・小林一茶の名句、「やせかえる負けるな一茶これにあり」を詠んだ蛙合戦の池もあります。
Updated: 2017-05-17 15:33
曹洞宗大本山永平寺は、今から約750年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創建された出家参禅の道場です。七堂伽藍を中心とした大小70余棟の殿堂楼閣が、樹齢600年を越える老杉の巨木に囲まれながら 静かにたたずんでいます。 今も常に200余名の雲水たちによって、荘厳な雰囲気の中、750年前に道元によって定められた厳しい作法に従って禅の修行が営まれています。 フランスの旅行ガイド...
Updated: 2017-05-17 15:31
戸隠民俗館、戸隠流忍法資料館、忍者からくり屋敷の3館で構成されており、戸隠の歴史や戸隠流忍術のいろはを楽しみながら学ぶことができます。手裏剣道場(別料金)、ビックリ堂、ターザンロープなどの遊具もあり、ご家族でお楽しむことが出来る。 「戸隠(とがくれ)流忍法資料館」には、忍具500点と、戸隠流の解説や実技の写真パネル200点ほか多彩な忍法資料を展示してあります。
Updated: 2017-05-17 14:37
松本市にある旧開智学校は、明治6年(1873年)に開校の日本で最古の小学校です。建物の外観はもちろん中に入ることでもできます。当時の授業で使っていた机や椅子、ノート代わりの小型黒板など昔の日本の学校を見ることができます。 構造は木造で桟瓦葺、寄棟2階建土蔵造りで、中央に「東西南北」の風見を配した八角塔が高くそびえ立ち、各窓に舶来のギヤマン(ガラス)を取り付けた、和風と洋風の入り混じった擬洋風...
Updated: 2017-05-17 14:33
  旧司祭館は、明治22年フランス人の神父・クレマンによって建築された西洋館です。 外壁の下見板張りは、遠くアメリカ開拓時代の船大工の技法を残す、アーリー・アメリカン様式の特徴を備えた貴重なものです。 各部屋には暖炉があり、1・2階ともにベランダを備えているなど、今では珍しい純西洋館です。 なおこの司祭館は、セフラン神父が明治34年から27年の歳月を費やし、日本で...
Updated: 2017-04-07 12:57
福井県唯一の名勝東尋坊に位置する水産店。三国港に水揚げされる新鮮な魚介類を提供しています。越前ガニ(福井県で水揚げされたズワイガニの愛称)に黄色いタブがついているのは、福井県で水揚げされた証明です。勿論、カニ以外でも水揚げされた魚介類の海鮮料理も提供されます。    
Non halal
Updated: 2015-05-23 16:56
  1. 黒部湖
黒部ダムは、7年の歳月をかけて、昭和38年に完成した迫力満点の日本最大のアーチ式ダムです。車の乗り入れが禁止されているので「立山黒部アルペンルート」と呼ばれる観光ルートを利用して黒部ダムを目指します。ケーブルカー、トンネルの中を走るトロリーバス、ロープエイ等、乗り継ぎながら途中各駅からの絶景ビユーを楽しみ、わくわくしながら上へ上へと登っていきます。エメラルド色に輝く黒部湖を眺めながら、ダムの堰堤(...