文明3年(1471)陶弘房の夫人が夫の菩提をとむらうために、現在の山口市仁保高野に創建した寺で、はじめ安養寺といっていたが、明応元年(1492)に瑠璃光寺と改められました。

曹洞宗で山号を保寧山といい、薬師如来が本尊である。防長屈指の大寺で、経文や画像など多くの寺宝が所蔵されています。「おいでませ山口」より
国宝の五重塔は、凛としてとても美しいです。

 

営業時間・休日: 

 

見学自由、観光案内所は9~18時、ライトアップは日没後~22時

料金: 

 

見学無料

駐車場情報(有無と料金): 

あり

アクセス: 

JR「新山口駅」からバスで30分

県庁前」バス停から徒歩で10分

中国自動車道小郡ICから車で20分

山口県山口市香山町7-1
Phone083-922-2409

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人