Updated: 2015-06-15 14:22
  1. 志高湖
標高600mに位置し、湖周2kmの緑に囲まれた山上湖。 湖には白鳥や鯉が放たれ、周辺はキャンプ場としてシーズンには県内外より多くのキャンパーが訪れるほか市民の憩いの場としてグループや家族連れで賑わう。
Updated: 2015-06-10 15:00
  1. 天草五橋
昭和41年9月に開通した九州本土と天草諸島を結ぶ全12kmの5つの橋です。「天草パールライン」の愛称で親しまれています。1号橋(天門橋)、2号橋(大矢野橋)、3号橋(中の橋)、4号橋(前島橋)、5号橋(松島橋)からなります。天草に五つの橋を架けて陸続きにするという、途方もない夢を持った森茲秀氏が天草五橋建設の立役者であります。今では定番の観光スポットであり、人気のドライブルートになっています。 「...
Updated: 2015-06-05 15:42
有明海に浮かぶ人工島の港で、島原方面、天草方面に向かうフェリーの発着港となっており、ターミナル内と別館にはレストランや売店では、熊本県内の土産物も購入できます。また、夏の「みなと祭り」をはじめ、季節によりさまざまなイベントも行われます。 「熊本県観光サイト なごみ紀行」より
Updated: 2015-05-23 17:15
薩摩半島の最先端に突き出た岬です。岬の西方には弓なりの砂浜が続き,その端に開聞岳がそびえ立っています。天気のいい日には,南の洋上に屋久島・竹島・硫黄島を望むことができます。遊歩道の一角には,篠原鳳作の句碑が建っています。隣接する赤水鼻はソテツ自生の北限地とされ,国の特別天然記念物に指定されています。
Updated: 2015-05-23 17:06
隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺望。 万座毛とは18世紀初頭の琉球王尚敬(しょう・けい)がこの地を訪れたときに「万人を座するに足る毛」と称讃したのがその由来。「毛」とは沖縄のことばで「原っぱ」のことをいいます。その名の通り、天然芝があたり一面に広がり、そのまわりの植物群落は、県の名勝に指定されています。隆起サンゴ礁の断崖に打ちよせる荒波と、エメラルドの海に開かれた眺...
Updated: 2015-05-23 16:51
七ツ釜は玄武岩でできた溶岩台地で、永い永い時間、波の絶え間ない浸食により七つの洞窟を形成したものである。 国の天然記念物に指定されています。 海から遊覧船で洞窟の中まで見学することができます。
Updated: 2015-05-23 16:48
  1.  鬼の洗濯板
青島をとりまく波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれています。 中新世後期(約700万年前位)に海中で出来た水成岩(固い砂岩と軟らかい泥岩が繰り返し積み重なった地層)が隆起し、長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになりました。 青島から南の巾着島までの約8kmの海岸線に見られます。潮が引くと、磯遊びが楽しめます。 「提供:宮崎市観光協会」

ページ