Updated: 2016-09-05 11:54
小倉から船に乗り、約35分という手軽さで行ける藍島。約100世帯が暮らすこの島の面積は約0.7平方キロメートルで、一日で歩いて回ることができる。釣りや島遊びを満喫するにはうってつけだ。   訪れるべきは、島の北側にある「千畳敷(せんじょうしき)」。船の着く本村漁港から歩いていく途中、左右に道が別れるところを右手の道に入る。   千畳敷はその名前のとおり、...
Updated: 2016-08-17 12:02
高さ17mの男岩と高さ10mの女岩が、長さ65m、直径最大75cm、重さ2tのしめ縄で結ばれている夫婦岩として有名です。しめ縄は毎年12月第2日曜日に佐伯市内外から約400名の有志の手によって架け替えられ、その景観は大分百景にも選定されています。さらにしめ縄の長さは日本一で、1994年にはギネスブックにも登録され、上浦のシンボルとなっています。 また初日の出の名所として知られており、3月上旬と1...
Updated: 2016-08-17 11:47
「日本の渚百選」に選定されている「有明海砂干潟」。 干潮時,長浜海岸から網田海岸まで約5㎞にわたって三日月型の独特の砂紋が現われます。 この海岸の中でも,「日本の夕陽百選」に選ばれた御輿来海岸は,夕日に輝く砂紋の景色が神秘的で,干潮と日の入りが重なる日は全国からプロ,アマ問わず多くのカメラマンが訪れます。 この絶景の日は1年のうち,10数日しかなく,太陽の落ちる位置は刻々と変化します...
Updated: 2016-08-09 16:56
佐賀関半島の一番高い所に位置する関崎海星館は、展望・天文台のある施設です。館内の展望室からは、佐賀関の高級ブランド魚「関あじ・関さば」の1本釣りの漁場として知られる豊予海峡の美しい海の景色が一望できます。 また、九州でも有数の集光力を持つ大きな望遠鏡で、月や惑星、宇宙の彼方の星雲、迫力ある太陽プロミネンス(太陽の縁から巨大な炎が燃え上がるように見える水素ガスの雲 )や黒点の観察ができます。...
Updated: 2016-08-08 14:31
関門国道トンネルのバイパス、および中国縦貫道と九州縦貫道を結ぶ高速自動車国道として開通した。若戸大橋に次ぐ、わが国の本格的長大吊橋の2号である。海峡の眺望も素晴らしく、門司側では、和布刈公園、門司港レトロ地区など、下関側では、壇ノ浦、巌流島などを望むことができる。夜はライトアップされイルミネーションに飾られた関門橋は関門海峡の夜景を一段と美しく見せてくれる。和布刈公園より、間近に見ることができる。...
Updated: 2016-08-08 13:22
津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ「保戸島」は、周囲4km、面積0.86kmの島で、まぐろ遠洋漁業基地として全国的に有名です。 平地がほとんどないため、海岸に迫る急な斜面に3・4階建てのコンクリート造の建物がひしめくように建ち並んでおり、その景観は地中海の漁港を連想させます。保戸島集落は「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定されています。 7月初旬には2日間にわたり「保戸島夏...
Updated: 2016-08-02 14:14
真玉海岸は大分県で唯一、水平線に沈む夕陽を目にすることができることで知られています。晴れた日の夕暮れ時には辺り一面が真っ赤に染められ、水面にキラキラとオレンジ色の夕陽が写り、最後には真ん中に陽が落ちてゆき、その幻想的な姿に魅了されます。美しい夕陽が見れるスポットとしてテレビでも度々紹介されており、「日本の夕陽百選」にも選定されています。真玉海岸は、最干潮時にも海水が全てなくならず、水が少し残り干潟...
Updated: 2016-08-02 13:56
全長515mの白砂のビーチ。人口ビーチならではの柔らかい白砂と緩やかな波が女性やファミリーに人気で、眼前には雲仙の山並みを望む県内でも有数の景観。2カ所にある休憩施設「オレンジハウス」は、シャワー・トイレ・更衣室・コインロッカーと、設備が充実。水飲み場や公衆電話、遊歩道も整備されています。 (出典:kumanago.jp)   (Photo by 天草どっとこ...
Updated: 2016-08-02 11:43
  1. 青島ビーチ
海水浴やサーフィン、ボートセイリング、ヨットなど宮崎を代表するマリンスポーツの基地。特に夏は県内随一の海水浴場としてにぎわいます。 2km南には白浜ビーチやオートキャンプ場などもあります。 「提供:宮崎市観光協会」   (Photo by 宮崎市観光協会, creative commons)
Updated: 2016-08-02 11:30
  鹿児島市民に最も身近なマリンスポーツのスポットで、眼前に桜島を眺めながら泳げる市内屈指の海水浴場としてはもちろん、ウィンドサーフィン、ボードセーリングなどは観光客にも人気です。 毎年「錦江湾ボードセーリング大会」も開催され、錦江湾を舞台にレースが展開します。また、最近では海ガメも産卵に訪れます。 (出典:鹿児島観光サイト)  

ページ