Updated: 2016-07-28 14:24
  立花藩の城下町として栄え、詩人・北原白秋の故郷としても有名な柳川。市内各所を巡る掘割をどんこ舟で下る名物「川下り」は、春夏秋冬、水郷ならではの情緒が味わえる。   柳川の川下りは、一本の棹を巧みに操る船頭さんの案内のもと、水と緑によって美しく形成された掘割を水面をゆっくりすべるように進む。この船頭を30年以上務めているベテラン船頭の田中勝行さんは「お堀から...
Updated: 2016-07-22 15:12
高さ70mの岩頭から流れ落ちる滝飛沫は、男性的で見ごたえがあります。昔、滝のそばにせんだんの木があったことから、名付けられました。 道路沿いの展望所からも見ることができますが、展望所そばのつり橋を渡れば、直径約8mの滝壷の目の前まで行くことができます。   日本の滝百選の一つです。 画像提供:「なごみ紀行」より  
Updated: 2016-07-22 14:44
  長陽村赤瀬西方の黒川にかかる滝で落差60m、幅20mの見事な景観を有しています。日本の滝100選にも選ばれている滝です。阿蘇山が火砕流を噴出した後にできたカルデラに噴出した中央火口丘群の溶岩である赤瀬溶岩にかかっています。 数鹿流ケ滝の名前は、伝説によると「中世の頃、阿蘇家が行った下野の巻狩りで武士の乗った馬や犬に追われた数匹の鹿が滝の上流の川に落ちて滝まで流れた。」こと...
Updated: 2016-07-22 14:05
  菊池渓谷の代表的な滝の一つです。四十三万滝は、圧倒的な水量を誇る渓流瀑で上流の水がまさに滑り落ちてくるようである。名前の由来は、投票で43万票獲得して1位になつたことや、また1日の平均流水量が43万石ぐらいと変わらないことからそのように呼ばれたといわれます。 日本の滝100選の一つです。 画像提供:「なごみ紀行」
Updated: 2016-07-21 16:17
  宇佐市安心院にある滝、九州の華厳ともいわれ、85mの高さより落下する滝には圧倒されます。宇佐三瀑のひとつ。 日本の滝100選の一つです。
Updated: 2016-07-21 16:10
  駅館川上流の渓谷にかかる。岩壁を83mの高さより落下し、東椎屋の滝と共に九州屈指の名瀑である。 日本の滝100選の一つです。
Updated: 2016-07-21 15:31
  雌滝は落差93m、滝つぼはないが大変美しい滝。 雄滝は落差83m、水量の多い時は周囲を震動させる様であり迫力がある。雌滝、雄滝とも展望所より眺めることができ、九重“夢”大吊橋より見ることができる。 日本の滝100選の一つです。  
Updated: 2016-07-21 14:01
県内唯一の国指定名勝「尾鈴山瀑布群」を代表する滝。初代神武天皇がご東征の折、矢を研がれたのが名の由来。 「日本の滝百選」の一つ。 画像提供:「みやざき旬ナビ」より
Updated: 2016-07-21 13:33
祖母傾国定公園に属する。標高831mの行縢山の雄岳(西側)と雌岳(東側)の間を流れ落ちている。落ちる高さは77mで、日本の滝百選のうちの一つ。 行縢山と行縢の滝をご神体とした古社、行縢神社が近くにある。 画像提供:「みやざき旬ナビ」より
Updated: 2016-07-21 13:06
  白浜の美しい遠浅のビーチ。景観も美しい。下阿蘇レジャー施設「浜木綿(はまゆう)村」が隣接。ケビン・オートキャンプ場・ミニシアター・テニスコート等がある。 環境省の快水浴場百選の特選(九州No.1)に選定されました。 画像提供:「みやざき旬ナビ」より

ページ