旧伊藤伝右衛門邸は明治期に建てられ、大正期、昭和初期に増築された、近代和風建築物です。土地7,568.5平方メートル(約2,293坪)建物床面積延べ1,019平方メートル(約309坪)その粋を凝らした豪邸は広大な庭園とともに歌人柳原白蓮が日常起居した建物として飯塚市内に残る数少ない石炭遺産であり「炭鉱王伊藤伝右衛門」の功積を伝える唯一の文化遺産です。 

高い塀は旧長崎街道に面しており、昭和2年に焼失した福岡市天神町にあった別邸(通称銅御殿)から移築された長屋門や、伊藤商店の事務所が目を引きます。邸宅は南棟(正面)、北棟(庭側)、両者を結ぶ角之間・中之間棟、玄関・食堂棟、繋棟の家屋5棟と土蔵3棟からなり、池を配した広大な回遊式庭園を持つ近代和風住宅です。

建物の見所は和洋折衷の調和のとれた美しさ。アールヌーヴォー調のマントルピース、イギリス製のひし形のステンドグラスのある応接間、一畳たたみを敷き詰めた長い廊下等、様々な芸術的技法を取り入れた当時先進的だった建築技術や、繊細で優美な装飾を随所に見ることができます。

また、柳原燁子(白蓮)が伝右衛門の妻として約10年間を過ごしたゆかりある地であり、伝右衛門や白蓮に思いをはせる場でもあります。筑豊における石炭産業の歴史と、これに関わった伝右衛門たちの人生を物語る貴重な遺産をごゆっくりご覧ください。 

建物の概要
飯塚市幸袋300番地
敷地面積 約7,570㎡(約2,300坪)
建物延床面積 約1,020㎡(約300坪)

2011.9.21
庭園が国の名勝指定を受けました。

2006.9.26
飯塚市有形文化財に指定されました。

 

出典:www.crossroadfukuoka.jp

営業時間・休日: 

営業時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

休日:水曜日(祝日の場合は開館)
    年末年始(12月29日~1月3日)
※なお、イベント開催期間中は無休

料金: 

・高校生以上 300円(240円)
・小中学生 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日に限り小・中・高校生は無料

駐車場情報(有無と料金): 

旧伊藤伝右衛門邸駐車場
幸袋リサーチパーク内駐車場
※無料/計130台収容可(大型バスも駐車可)

アクセス: 

・九州自動車道「福岡IC」より車で約45分
・九州自動車道「八幡IC」より車で約30分
・九州自動車道「筑後小郡IC」より車で約50分
・八木山バイパス「穂波東IC」より車で約10分
・JR福北ゆたか線「新飯塚駅」より車で約10分
・西鉄バス「飯塚バスターミナル」②乗り場から「赤池工業団地行」「毛勝」行きに乗車「幸袋・旧伊藤伝右衛門邸前」バス停留所下車後徒歩約2分
※「西鉄天神バスターミナル」から「幸袋・旧伊藤伝右衛門邸前」までの直通便「でんえもん号」が1日3往復、毎日運行中
・JR九州バス「幸袋本町」バス停より徒歩2分

福岡県飯塚市幸袋300
820-0066

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人