Updated: 2018-04-11 16:52
唐津市と玄海町に広がる国特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」は、豊臣秀吉による文禄・慶長の役(1592年~1598年)の出兵基地であり、日本列島と朝鮮半島との長い交流史のなかで、その関係を一時断絶させた不幸な歴史の舞台です。城の面積は約17ヘクタールに及び、当時では大阪城に次ぐ規模を誇りました。周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える人々が集まったとされています。
Updated: 2018-01-17 14:23
座喜味城(ざきみじょう)は、琉球王国が、日本、中国、東南アジア諸国との交易を通して繁栄した十五世紀初頭、築城の名人と言われた読谷山按司護佐丸によって築かれたと言われています。標高120m余の丘陵地に立地しており、最も高いところからは読谷村のほぼ全域を眺望することが出来ます。 2000年11月には首里城跡などとともに、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登...
Updated: 2018-01-17 13:32
自然の断崖を利用した難攻不落の城と言われる勝連城ですが、その城壁は優雅な曲線を描き、女性的な美しさを感じさせます。頂上に登ると太平洋に輝く青い海が一望できる沖縄有数の景勝地です。15世紀、海外貿易により勝連に繁栄をもたらした阿麻和利が居城したとして有名な勝連城。 2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。
Updated: 2018-01-15 13:09
首里城跡など世界遺産に指定された歴史的文化財 首里城(しゅりじょう)公園は首里城正殿を中心とした有料区域と無料区域の城内、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、円覚寺(えんかくじ)跡、弁財天堂(べざいてんどう)といった周辺文化財からなる公園です。 一般駐車場のある首里杜館(すいむいかん)はレストセンターとなっており、公園内の案内やレストラン、売店があり観光の休憩所と...
Updated: 2017-08-10 13:09
島原城の西に接した上新丁、下新丁、古丁、中ノ丁、下ノ丁、江戸丁、新建に扶持取り70石以下の徒士屋敷約700戸が軒を連ねていました。 鉄砲隊の居住地であったことから、一帯は鉄砲町とも呼ばれていました。 現在、保存されている下の丁の武家屋敷は、延長406.8メートル、幅長5.6メートルの町並みで当時の武家生活の様子が偲ばれます。 また、武家屋敷休憩所では白玉に独特の蜜をかけた郷土の味...
Updated: 2017-07-20 16:10
関ヶ原の合戦後、天下を治めた徳川家康が江戸幕府の東海道の要所として築城しました。 以降、徳川御三家の一つ尾張徳川家の居城となり、ずっと名古屋の街のランドマークとして市民に親しまれています。 「尾張名古屋は城で持つ」と言われ、「金のシャチホコ」がお城のシンボルとなつています。 「日本三大名城(姫路城・大阪城)」の一つでもあり、また日本100名城に選定されています。
Updated: 2017-07-20 16:09
豊臣秀吉が天下統一の拠点として築いた大阪城は、難攻不落の巨城だったが、大坂冬の陣・夏の陣の後に落城。 その後、1931年に天守閣が復興され、歴史博物館として今に至っている。 館内には、戦国時代の歴史資料が展示されているほか、秀吉の生涯を描いたジオラマなどもあり、様々な角度から大阪城の歴史を知ることができる。 また大阪城公園内には、重要文化財の古建造物や数々の巨石など、数多くの見ど...
Updated: 2017-07-20 16:08
とにかく美しいの一言です。大修理を終えて更に美しい姿を見せてくれます。 白鷺(シラサギ)が羽を広げたように見え、その優美さから「白鷺城」の愛称で親しまれています。 漆喰(しっくい)塗りの鮮やかな城の城壁、天に向かって立ち並ぶ連結された天守閣の姿はどこから見ても素晴らしいものです。 築城から400年以上経過した現在でも美しい姿を残しています。 規模からして「大阪城」、「名古屋...
Updated: 2017-07-10 17:58
星型城郭「五稜郭跡」は国の特別史跡に指定されています。 戊辰戦争最後の戦い、箱館戦争の舞台となりました。 春は桜の名所、冬は堀がライトアップされます。公園として一般開放された1914(大正3)年に、当時の函館毎日新聞社が10年かけて約1万本のサクラの木を寄贈・植樹しました。 サクラ以外にも、フジ、ツツジ、スイレンなどの花も季節ごとに楽しませてくれます。 堀の外周は一周1,8...
Updated: 2017-04-11 17:56
県都金沢のシンボルとして多くの県民に親しまれている金沢城、後に百万石の大名になる前田利家(藩祖)が入城以降、金沢の町の発展と共に現在のお城が出来上がって、徳川将軍家の結びつきを深めながら百万石の大藩を維持してきました。 「石川門」と「五十間長屋」が整備されています。また、「金沢城公園」として一般市民に開放された公園内は、金沢城の象徴である美しい石垣などを眺めながら散策が楽しめます。 「...

ページ