大正11年創建、昭和6年に再建された歌舞伎劇場。江戸歌舞伎劇場の典型ともいえる両花道とマス席を持った木造2階建ての造り(収容人数1200人)で、国の登録有形文化財にも指定されている。毎年開催される「全国座長大会」は特に有名である。
 嘉穂劇場はもともと、日々命をかけて働く炭鉱夫の娯楽施設として開業。最盛期には筑豊エリアだけで48ヵ所あったといわれる芝居小屋が炭鉱閉山と共に姿を消していくなかで、ここだけは“筑豊の女傑(じょけつ)と言われた初代理事長の孫・伊藤英子(いとうえいこ)さんが守り抜いた。
 2003年の大雨による被害では客席や舞台、花道等が浸水し、一時使用できない状態にまで陥ったが、俳優の津川雅彦(つがわまさひこ)さんをはじめ、明石家(あかしや)さんまさん、中村勘九郎(なかむらかんくろう ※現・18代中村勘三郎<なかむらかんざぶろう>)さんらの行った復旧チャリティイベントにより、その危機を乗り越えた。

 

出典:www.crossroadfukuoka.jp

営業時間・休日: 

9:00〜17:00
開催期間 /イベント:ホームページURLより公開予定を参照ください。

年末年始(12/31〜1/4)
※公演日及びリハーサル日は見学不可

料金: 

<見学>
大人 300円
小人 100円

駐車場情報(有無と料金): 

あり・40台

アクセス: 

・JR福北ゆたか線「飯塚駅」より徒歩約15分
・西鉄バス「飯塚バスセンター」バス停より徒歩7分
・八木山バイパス「穂波東IC」より車で7分

その他: 
福岡県飯塚市飯塚5-23
820-0041

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人