漁業を中心に広く産業の神として、中四国で崇められている和霊信仰。その総本山といえるのが、この和霊神社です。

祭神である山家清兵衛(やんべせえべえ)は、、産業の拡充、民政の安定に手腕を発揮した清兵衛ですが、元和6年(1620)凶刃に倒れました。その後この事件に関与した者が相次いで海難や落雷で変死したため、人々は清兵衛の怨霊だと恐れ、その霊を城北の地にまつりました。それが和霊神社の始まりです。

和霊神社

 

   

 大鳥居                    神幸橋(太鼓橋)

和霊神社の社殿は、四国でも指折りの大社といわれるだけあって、荘厳の一言。

神社の正面には、太鼓橋のかかった川を挟んで和霊公園があり、石造りでは日本一の大きさといわれる大鳥居が空に向かってそびえ立っています。

 

 

営業時間・休日: 

 無休

料金: 

 無料

駐車場情報(有無と料金): 

 無料
 観光バス駐車場あり

その他: 
799-3730
Phone0895-22-0197

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人