昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。人類史上最初の原子爆弾が炸裂したのは、広島県産業奨励館から南東約160メートル、高度約 600メートルのところです。戦後、旧産業奨励館の残骸は、頂上の円蓋、鉄骨の形から、いつしか市民から原爆ドームと呼ばれるようになりました。現在では、被爆当時の惨状を残す姿がノーモア・ヒロシマの象徴として、時代を越えて核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。

平成8年(1996年)12月、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。

JR広島駅
地下鉄
Genbaku Dome Mae
原爆ドーム前下車すぐ
料金: 

無料

駐車場情報(有無と料金): 

無し 周辺の駐車利用

その他: 

写真の出典:「ひろしま観光ナビ」、creative commons

広島県広島市中区大手町1丁目10
730-0051

 

施設一覧
地図下部のアイコンを 選択してください
 

 

  • 自然景観
  • 歴史・文化
  • 温泉
  • レジャー・
    スポーツ
  • 食・お土産
  • 宿泊情報
  • ショッピング
  • お勧め
  • 同国人