Updated: 2016-06-10 14:15
精霊船流しは地域のお盆風物詩として嘉瀬川に大小約180隻精霊船は河に流され、大勢の人が詰め掛け、吹き抜ける夜風に秋の気配を感じつつ、川面を彩る幻想的な明かりを見つめた。
Updated: 2016-05-12 14:04
  2016年 毎年の伝統行事・祭りなど 特別なイベント 1月     2月 祭り ・8~22日:長崎ランタンフェスティバル...
Updated: 2016-04-14 15:04
  人形山車は豪華な彫り物 江戸時代に京都の祇園祭を再現しようと作られた祭りで、2日間にわたり、豪華な彫り物が飾られた人形山車(6台)と太鼓山車が各町内を練り歩く。人形山車は中央に人形をのせ、太鼓山車は渡り拍子のリズムとともに、それぞれが春の夜空に艶やかな競演を見せる。28日の前夜祭では、山車は提灯で飾られ夜遅くまで練り歩く。地元などでは「やさかじんじゃ」の名前で親しまれてい...
Updated: 2016-04-14 13:46
  宮之浦集落の恒例行事 毎年、旧暦の4月10日に行われ五穀豊穣や大漁を祈る宮之浦の春の伝統行事「春祭り」。今年も“昭和の日”である4月29日(金)に宮之浦の益救神社にて開催される。宮之浦全11地区ごとに工夫を凝らした演芸や踊りなどのステージが披露され、参道にはうどんやカレーなどの出店も並ぶ。気軽に足を運んでみよう。   出典:http://www.wa...
Updated: 2016-04-13 09:22
  高千穂地方の夜神楽は毎年11月下旬から翌年2月にかけて各地域ごとに主に民家を神楽宿として徹夜で舞われる。五穀豊穣を神に感謝し、又は来る年の幸を祈る神人一如の習俗が現在も継承されている。33番の神楽も天照大神の岩戸開きの神話が主題となっているが、農耕の収穫を祈る舞いもあり、秀れた民俗芸能として伝わっている。   -----------------------...
Updated: 2016-04-13 09:21
  宮崎神宮大祭は、毎年10月下旬頃の土曜日・日曜日に開催される。五穀豊穣を祝うお祭りで地元では「神武(じんむ)さん」と親しみをこめて言われます。神宮を出発してお旅所まで「御神幸行列」や「神賑行列」が街の目抜き通りを練り歩きます。鎌倉時代の装束をした流鏑馬行列、平安時代の公家の衣装を着けた行列、歴史絵巻物のようです。特に、「御神幸行列」の華「シヤンシヤン馬」の行列が通ると、多くの人...
Updated: 2016-04-13 09:11
  よさこい踊りの大イベント 太宰府門前真舞祭は、九州・山口各地から沢山のよさこいチームが結集し、約800名の踊り子が参加。リズミカルな音楽・エネルギッシュな演舞、躍動感あふれる踊りに声援を送ろう。   出典:http://www.walkerplus.com/event/ar1040e138798/   -------------...
Updated: 2016-04-13 09:11
  孔子を偲ぶ祭典 多久聖廟の建立より300年以上続く、孔子とその高弟を偲ぶ伝統行事で、県の重要無形民俗文化財に指定されている。式典は、中国・明時代の祭官服を身にまとった献官や祭官が、雅楽を演奏される中、7種類の食べ物と甘酒をお供えする。式典後は、釈菜の舞、腰鼓、参列生徒の唱歌、揚琴の調べが披露される。また、午後からは通常入ることのできない聖廟内に入り、孔子像や天井の龍の絵を...

ページ