Updated: 2018-10-25 17:30
No Image
南さつま市と枕崎市を結ぶ、国道270号線沿いにある物産館。 ミカン・キンカンなどの柑橘類を中心に、地元で採れた新鮮な野菜や果物、魚介類の他、地元の高校生が育てた黒豚の肉・加工品を豊富に取り揃えてあります。      キンカンの特産品やグルメが豊富に揃う物産館。                               ...
Updated: 2018-09-20 13:05
  創業1886年以来、甘木棒あめをはじめ、朝倉市特産三奈木砂糖(黒糖)を使用し、飴、和洋菓子を製造し販売している。三奈木(黒)砂糖の製造時期にあわせ販売もしている。           かりんと三奈木          甘木棒あめ            三奈木まんじゅう    素材の持ち味を生かした伝統の和洋菓子を販売するお店です。     ...
Updated: 2017-05-09 09:07
札幌の中心部を東西約1キロに延びる「狸小路」。南2条と3条の仲通り、1~10丁目に軒を連ねる店舗数は、現在約200。 「狸小路」の始まりは、明治2年(1869)の北海道開拓使本陣設置(現在の南1東1付近)に伴い、現・狸小路2・3丁目付近に飲食店が増え、明治6年(1873)からその一角が「狸小路」と呼ばれるようになったのです。アーケード内には、新旧のお店が入り交じり、土産物店やカラオケ店等...
Updated: 2017-02-24 11:13
1721年以来、約190年金沢の食文化を支える「市民の台所」として親しまれています。 約185店舗で主に生鮮食品、生活雑貨を扱う小売店が主体の市場で、活気ある市場は観光客にも人気があります。2009年4月「近江町いちば館」が開業した。名前の由来は、近江商人が市場を作ったことによる。 写真提供:金沢市
Updated: 2016-12-08 16:46
道の駅 みずなし本陣ふかえは1991年の雲仙普賢岳噴火にて、特に被害を被った場所に位置し、土石流被災家屋保存公園に隣接した道の駅です。 火山災害の驚異を後世へ残し伝えるために、普賢岳災害で被災した家屋11棟をそのままに残した土石流被災家屋保存公園や火山学習館や大火砕流体験館などがあります。  また、地元の新鮮素材でおもてなしするお食事処、豊富な品ぞろえのお土産屋さんなど、飲食...
Updated: 2016-11-15 15:00
心斎橋は、大阪一の繁華街。大手百貨店から、高級ブランドショップ、飲食店、家電量販店、ホテル等、数多くの店舗が集積する。日祝日には約12万の買い物客が訪れる。大阪で人気の観光スポット。
Updated: 2016-06-09 11:29
築地場外市場は世界最大規模の卸売り市場である築地市場に隣接する商店街であり、 一般の観光客向けに新鮮な魚介類を売っており、その場で食することができるお店も多く、 多くの観光客で賑わっている。   (Photo by: bryansjs, Rubber Soul)  
Updated: 2015-05-28 16:51
  1. 「博多町家」ふるさと館  「提供:福岡市」
「博多町家」ふるさと館は、明治中期の博多織の織元「三浦家」の町家を平成七年に移築復元したものである。福岡市の指定文化財に登録されています。 明治・大正の時代を中心に博多の暮らしや文化を広く紹介しており、博多の歴史、祭り、伝統などを感じて楽しんでいただける施設です。「櫛田神社」すぐ近くにあり、博多の祭とともにさまざまなイベントで賑わい、多くの観光客が訪れる博多の観光スポットです。 ◆みやげ処 博多の...
Updated: 2015-05-15 17:46
  1.  唯一の走る「飾り山笠」 「提供:福岡市」
博多リバレイン、博多座からキャナルシティ博多までをつなぐ、およそ400メートルのアケードに約150店舗が連なる博多で最も歴史のある商店街です。 博多祇園山笠の期間には唯一の走る飾り山笠が展示され、商店街の一角にある「川端ぜんざい広場」には年間を通して山笠が展示されています。 金・土・日曜、イベント時ぜんざいも販売される。 博多人形や博多銘菓などの博多土産のお店や豚骨ラーメンなど博...
Updated: 2015-05-15 17:01
  1. 大黒屋 ブランド館福岡店
ブランド品(バッグ、時計、宝飾)や電化製品)の中古、新品販売。 また、チケットや金券ショップの売買。

ページ